中国の電力大手、再エネ利益貢献度が5割の背景

華潤電力控股、純利益ベースで火力発電を逆転

華潤電力控股の再生可能エネルギー発電事業は風力が9割以上を占める。写真は同社の青海省の風力発電所(華潤電力控股のウェブサイトより)

中国の電力大手、華潤電力控股(チャイナ・リソーシズ・パワー)は3月18日、2020年の決算報告を発表した。それによれば、売上高は695億5000万香港ドル(約9764億8200万円)と前年比2.6%増加。純利益は75億8000万香港ドル(約1064億2300万円)と同15.1%増加した。

注目すべきなのは、同社の純利益への貢献度で再生可能エネルギーによる発電事業が初めて火力発電事業を上回ったことだ。決算報告によれば、為替差損益を除いた純損益に対する再エネの貢献度は2019年の44.8%から50.1%に上昇した。

金額ベースでは、再エネによる発電事業の純利益は41億9000万香港ドル(約588億2760万円)と、前年比43.8%の大幅な増加を記録した。一方、火力発電事業の純利益は41億8000万香港ドル(約586億8700万円)と、再エネの伸びには及ばないものの前年比16.2%増加した。

再エネ発電の設備容量19.2%増加

華潤電力控股は中国の中央政府直属のコングロマリット(複合企業)である華潤集団の傘下にあり、火力、風力、太陽光、水力などの発電事業のほか炭鉱事業、エネルギー関連サービスなどを総合的に手がけている。

本記事は「財新」の提供記事です

同社の発電設備は火力発電の比重がまだ圧倒的に大きいが、近年は再エネが急速に増加している。2020年末の総設備容量4336万5000kW(キロワット)のうち、火力発電は3212万7000kWと全体の74.1%を占めた。一方、再エネは1123万8000kWと火力の3分の1強だが、前年に比べて19.2%増加した。

再エネの発電設備のなかでは風力の比率が9割以上を占め、2020年末の設備容量は1039万6000kWに達した。風力以外では太陽光が56万kW、水力が28万kWだった。

(財新記者:趙煊)
※原文の配信は3月19日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT