春節の「デジタル戦略」香港と深圳にある隔たり

DX施策は個人情報とトレードオフとの声も

SARSの記憶が残る香港では、一般的に新型コロナウイルスに関する警戒心が非常に強い。香港政府が発動する規制も強力だ。しかし、長引く規制に疲れ切った人々の、コロナに対する警戒心が薄れたことも第4波が長引いた要因とする声もある。

黄大仙の境内は超“密”の状態(写真:筆者撮影)

春節休暇半ばの2月16日、香港の有名なお参りスポットである「黄大仙(ウォンタイシン)」を訪れてみると、筆者ですら足を踏み入れることがはばかられるほどの「超・密」状態だった。

入り口に混雑状況を映し出す大型モニターが設置されていたが、混雑している状態であっても多くの人が境内に吸い込まれていく。

もちろんここでも「安心出行」のQRコード登録は必須で、もしくは紙で入場記録を提出することは必須で、登録と申請の長い列ができている。

境内に入る前にアプリの入力完了画面を見せるか、個人情報を書いた紙を提出する必要がある。(写真:筆者撮影)

列に並んでいた香港人男性のレオンさん(40代男性)は「新型コロナウイルスはもちろん怖いけれど、新年のお参りは欠かすことができない。来年はいい年になるように、お祈りに来たよ」と話した。

またレオンさんの妻のアンジェラさん(40代女性)も「規制が長引いてみんな疲れている。家に引きこもってばかりだと精神的に参ってしまうので、今日は思い切って外に出てきたのよ」とため息をついた。

中国ではDXで故郷へ“バーチャル帰省”

一方、国境を越えた深圳の状況はどうだろうか。2020年12月30日に香港から深圳に戻った加藤勇樹さんは、2015年から中国在住。現在は広州市に住んでいる。しかし、これまで見たことのない春節の様子に驚いた。駅も街中も閑散としている。

深圳市は、春節に帰省しない住民を対象に、抽選で1人当たり200元(約3200円)のお年玉を配布した。また、企業に対しても、従業員が大都市から移動しなかった場合は、1人あたり2000元(3万2000円)の給付金を支払った。

例年、春節の前後1か月は、駅や空港は国内を移動する人々でごった返す。移動者総数も数億人以上に及ぶ。しかし中国鉄路総公司によると、2021年の春節は、鉄道を用いた春節シーズンの移動者数が70%以上減少した。中国国務院の調査によれば、全交通機関の利用者数は2019年比較で7割減少、2020年と比較しても4割減少したという。

次ページバーチャル帰省も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT