春節の「デジタル戦略」香港と深圳にある隔たり

DX施策は個人情報とトレードオフとの声も

人の直接的な移動が難しくなる中、新たな春節の提案として街中で見かけられる標語が、「雲上過年、雲上見(バーチャルで帰省して、バーチャルで家族団欒を楽しもう)」というものだ。この標語を支えるのが中国でも注目されているDX技術だという。

ライブストリーミングを通して、地元の文化を紹介する取り組み。組織の垣根を超えた協力で、帰省できなかった人たちも帰省気分を味わえる(写真:加藤さん提供)

まず、人気なのがTikTokや騰訊公益(テンセントの社会慈善事業部門)などが運営するSNSプラットフォームを使った「直播(ライブストリーミング)」だ。

今年の春節では地元の名所や新年行事や祭事を、実家に帰省できない人たちへ紹介する、いわば社会貢献を目的にしたライブストリーミングが放映された。

運営にあたったのは、各地方自治体やテレビなどの放送局に加え、著名なネットアイドル、雑技団や軽業師など。各地の伝統芸術を伝える文化協会も参画する、地方社会全体の取り組みともいえる。

ライブストリーミングが盛ん

アリババグループが春節前に公開した各種新技術とその内容(写真:加藤さん提供)

公的機関が社会貢献としてライブストリーミングに注力する一方、従来の消費喚起およびマーケテイングを目的としたライブストリーミングも花盛りだ。

アリババグループが運営するアリペイを中心にしたプラットフォームでは10万以上の登録企業や個人アカウントが、春節の帰省気分が味わえるライブストリーミングや、田舎の味を通販で届けるキャンペーンを実施した。

春節の過ごし方がバーチャルな方法に置き換わる中でもう1つ唱えられているスローガンが「科技多跑路,防疫少跑腿(テクノロジーの進歩は、ウィルスの先を行く)」。

国を挙げた移動抑制政策下では、春節は新技術をPRする格好の場としても位置づけられた。

次ページどんな内容?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT