「失業給付勧め、600人解雇」のタクシー会社の今

ロイヤルリムジン社長独占インタビュー

――とはいえ従業員の中には事前説明ができなかったのでしょうか。「急すぎる」という声もありました。

3月半ばのグループ本体の中で、会議をし、緊急性があり、一刻を争うという結論に至りました。会社都合でいえばもう余力がない。乗務員目線でいうなら、今ならまだ失業保険を高い水準でもらえて、生活の足しになるはずだ、と。

ほかの職種に比べ、他社へ転職しやすいのがこの仕事で、ほぼ100%再就職できる。合理的に考えるなら同意してくれるはずだ、という私の考えも根底にありました。ウチで続けても低い休業手当で飼い殺しのような状態になることは目に見えていたので。

ところが皆さんに説明する前に先に報道が出てしまい、後付けの形になってしまった。そこに会社の前で出待ちしていたテレビ東京の取材クルーが説明についてきて、という流れです。私の判断や準備不足が招いた結果でもあり、真摯に受け止めています。

その後、解雇に合意いただけなかった乗務員さんとは話し合いを何カ月も重ね、最終的には95%以上の方が同意していただきました。

直前のタクシー会社買収は形式だけのもの

――解雇報道の直前に、兵庫県のファイブスタータクシーを買収していたことが批判に拍車をかけました。買収の経緯について聞かせてください。

金子健作(かねこ・けんさく)/1975年生まれ。1998年慶應義塾大学商学部卒業。2001年にアイビーアイを設立し、主に不動産を含めた営業部門を担当。2008年にロイヤルリムジンを設立し、タクシー事業を始めた(筆者撮影)

2019年の12月に、知人を介して「兵庫のタクシー会社が売却を考えており、相談したい」という話がありました。当時はグループの数字も落ちていないイケイケの段階で、買収の方向で話がまとまった。

ところがコロナがおこり、直接ウチから資金は出せなくなった。それでも現地に出資者が見つかり、タクシー業界と関係ない方だったので、形式上、当社に受け継ぎだけ行われたということが正しい経緯です。

誤解がないようにいえば、私は代表ではありますが、ウチのようなベンチャー企業は複数の投資家の資金により成り立っています。つまり、投資家の合意が得られないと、代表といえど、単独で買収などの決定はできないということです。

現在もファイブスタータクシーの経営は現地の方に任せたまま、私自身はほぼ関わっていない状況です。

次ページ現在の経営状況は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT