出井伸之「日本はアジアの真価をわかってない」

古希にして起業、83歳元ソニーCEOが語る未来

長田:立体化するにしても、環境の変化に気づかないと、なかなか新しい事業に挑戦しようとしないのではないでしょうか。出井さんがソニーのCEOに就任した1999年の秋、「インターネットは隕石である」と発言し、恐竜を滅ぼした隕石のように、インターネットは既存の産業体系を滅ぼすという認識を示しました。そして現在、新型コロナウイルスにより変革を強いられています。

出井:僕は「コロナは隕石」だと言っています。この隕石により、世界が分断されたわけです。でも見方を変えれば、何か物事が変わるチャンスになるのではないかと思っています。政府は「ハンコをやめよう」と言っていますが、ハンコぐらい使っててもいいんです。それよりも、本質的なことを変えなきゃ意味がありません。

プロセスの一部であるハンコを電子印鑑に変えたところで、大してお客さんの役には立てていないのでは。そういう枝葉末節なことばかりを気にするのが日本の悪いところです。コロナという隕石が飛んできて、日本国内でさえ移動が制限されました。そこで、僕は「日本は二重戦略を展開すべきじゃないか」と提言しています。

(撮影:尾形 文繁)

安い労働力だったアジアが消費地になっている

長田:「二重戦略」とは何を意味しているのですか。

出井:コロナにより、東京と地方が分断されましたが、地方には地方のいいところがあるわけです。同じように、世界も分断された中で、例えば、健康、長寿、安心、安全といった日本のよさを見直し、磨くべきではないかというのが国内における戦略。それと並行して海外戦略としては、これまでの欧米志向から、世界でいちばん伸びている中国、インド、インドネシア、ベトナムなどのアジア諸国へ目を転じなくてはなりません。かつては、安い労働力を確保できるから、アジアに工場つくろうとか言っていましたが、今は、その地域の企業や消費者が、お客さんになっているわけです。

対して、ヨーロッパ諸国は衰えていくだけです。イスラム圏も伸びるでしょうが、アジアに比べればマーケットは小さい。さらに、アジア諸国の企業、消費者にとって日本は憧れの国。アジアの「銀座通り4丁目」なのです。日本人は、そのよさを十分理解していないのではないでしょうか。

次ページ省庁は縦割りで縦の一部分を日本の中で見ているだけ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT