出井伸之「日本はアジアの真価をわかってない」

古希にして起業、83歳元ソニーCEOが語る未来

長田:いまだにソニーの話をして恐縮ですが、同社は2021年3月期に過去最高益を更新する見通しです。ちなみに、現在、ソニーのCEOを務める吉田憲一郎さんは、 出井社長時代に社長室長を務め、出井さんの経営を傍らで見てこられたわけです。ソニーについてコメントしないということですが、現在のソニーのビジネスモデルを見ていると、出井さんが最近、強調されている「立体化」と一致するところがありますね。

出井:ソニーと結び付けているわけではなく、日本の中小企業にもその戦略を提唱しています。

出井 伸之(いでい・のぶゆき)/クオンタムリープ代表取締役会長、ファウンダー。1937年東京都生まれ。1960年早稲田大学卒業後、ソニー入社。主に欧州での海外事業に従事。オーディオ事業部長、コンピューター事業部長、ホームビデオ事業部長など歴任した後、1995年社長就任。以後10年にわたりソニー経営のトップとしてソニー変革を主導。退任後、2006年9月にクオンタムリープ株式会社を設立。大企業変革支援やベンチャー企業の育成支援活動を行う。NPO法人アジア・イノベーターズ・イニシアティブ理事長。社会運動「アドベンチャービレッジ」村長。2020年4月より現職(撮影:尾形 文繁)

そこで、「XYZとABC」の概念に触れておきたいと思います。現在の延長線上で展開していくのが「XYZ」で、変革が「ABC」。企業では、いつも両者がせめぎ合っています。すると、ほとんどの場合、「XYZ」から変革が起こり「ABC」が生まれる。そしてまた、「ABC」が成熟化し「XYZ」になれば、そこから、また、新たな「ABC」が発生するというスパイラルが生じるわけです。

これを具体的に表現したのが「立体化」です。この概念を中小企業の経営者や後継者にアドバイスしています。親父さんが持っている庭があったら、そこに新しい家を建てればいい。お客さんは、庭のある場所を知っているから、新しい家を見てみようと、そこへ集まってくる。お店の場合だと、別に新しくお客さんを取らなくても、親父さんが取り引きしていたお客さんに対して、新しい製品やサービスを提供すればいいのです。

長田:親とまったく違う事業を展開する場合でも、これまで培ってきた経営資源を承継するのにとどまらず、応用しないのはもったいないですね。老舗が持つ暖簾(のれん)の効用にも通じます。

芯を残しながらそれをどう新しく使っていくか

出井:この前、(ようかんで知られる)虎屋の黒川光晴(社長)さんとお会いしたとき、「きちんと芯は残しながら、それをどう新しく使っていくか、伝えていくか、という意識を持っていなくてはいけない」とおっしゃっていました。「XYZ」は巻紙みたいになっているんです。ABCへ大転換するときも、重なるところがあるわけです。だから何を残して何を新しくするかというのは、後継者がやる重要な仕事ですね。親のやることをそのまま継いでやっているだけでは先細りします。

日本は100年企業、200年企業が世界でいちばん多い国です。伝統のすばらしさだけではなく、一代に1つイノベーションを実現する、自分のファミリーから1人しか入れない、など、長寿を可能にするためにいろいろな工夫をしているのです。だからこそ、中国などは、日本の長く続いる企業、老舗に憧れており、その工夫に大変興味を持っています。

次ページ枝葉末節なことばかりを気にしても前に進まない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT