ゲームを面白くする、セッティングの妙

晴れでも池ポチャ続出!実力が試された日本選手権

トーナメント用のコースセッティングというのがあって、ラフを伸ばしたり、フェアウェー幅を狭くし、しかもグリーンは芝をできるかぎり短く刈って、さらにそのグリーン面にローラーをかけて、硬く締めて、超高速グリーンにする。これが単純なセッティングの要素である。

そのときにコースの全長距離も、できるかぎり長く取って、だから難しいというセッティングにしてきた。けれども、この7~8年の全米オープン仕様を見ると、ことさら距離を長くし、とてつもなくフェアウェー幅を狭くするような過去の定番ではなくなってきている。安全に、という姿勢だけではダメ。ミスすればダブルボギーもあるけれど、バーディーもあるという勇気の決断を強いる設定。攻めたいと思わせる、むしろ悩ましいセッティング。2年前の全米オープン(オリンピック・クラブ)では、280ヤード、パー4があった。1オンも可能だけれど、ダブルボギー、トリプルボギーもある。

そのセッティングの妙(出来栄え)が、72ホールのゲーム展開を面白くするのだ。言い換えれば、戦う選手サイドではなく、その舞台のつくり方でゲームを演出できる。

そして今年の全米オープンは、深いラフというイメージを一掃した。ウエストエリアという砂地、そして所々に根の強い雑草などの障害物。その代わり、フェアウェーを蛇行させて、距離感と方向性重視を要求した。選手いじめよりも、むしろショットの精度と頭を使う設定に変えたのだ。

次ページ日本選手権も、セッテッィングが格段に向上した!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。