ゲームを面白くする、セッティングの妙

晴れでも池ポチャ続出!実力が試された日本選手権

今年の日本プロゴルフ選手権が、まさにそうだったと思う。兵庫県にあるゴールデンバレーゴルフ倶楽部は、コースレートが77.4と日本で最も難しいレーティングである。その素地を生かして、4日間72ホールのゲームをどういうストーリーにしていくのかがカギだった。

そのセッティングの妙が、見事にはまったのが今回の大会だったと思う。

「このコースは、18ホール中16ホールが池がらみなんです。初日、強い風と雨で選手たちを苦しめた。だから池に入れた数は、156個。2日目は、むしろ天候の条件はとてもよかったけれど、逆に池に入れた数は、159個と増えています。つまり攻めた結果、ミスした選手がかなりいたということですが、全選手の平均スコアは、2ストロークほどよくなっています」と倉本昌弘・協会長は解説した。

日によってティーグラウンドも56ヤード前に出して短くしたホールもあった。短くなることで、逆に難しくなることがある。逃げ場をなくし、しかも景色で窮屈にさせる手法だった。

そのもくろみは的中した。「最後まで自分を信じて逃げない勇気が続くかが勝負」と選手たちが口をそろえて言った。そして激戦の末に優勝したのは、45歳のベテラン手嶋多一だった。

週刊東洋経済 7月5日号

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング