食えない女性アナ「決意の起業」その意外な中身

年齢と需要が反比例する残酷な世界に風穴

クライアントから受注した仕事を、登録する彼らに割り振る。制作するのは、主にWEBのCMや店頭広告、セミナー映像などだ。

取引先は一部上場企業をはじめ公的機関にまで及ぶ。映像の絵コンテ・台本の制作から、撮影、編集、納品までアナウンサーがプロデュース・担当する。アナウンサーの視点での伝わりやすい映像製作が強みだ。

世に映像制作会社はあまたあるが、アナウンスまで含めて一括受注できるとなれば、競争相手は激減。コスト的にも優位に立てる。「アナウンサーによる映像制作会社」という独自の存在感を放っている。

仕事中の高橋さん(写真:本人提供)

受注した仕事を担当しなくても「紹介料」が入る

ユニークなのは、登録者全員が営業マンであることだ。受注した仕事を、自分が担当しなくても、「紹介料」が入るシステムになっている。

「生々しい話ですが、フリーアナの佐藤さんが知り合いの社長とゴルフに行くとしましょう。新商品のCMを作りたいと考えていることがわかったので、佐藤さんは、ナレーションで使ってくださいとお願いします。社長も『わかった。使うよ』と言うでしょう。

でも、社長が発注する相手はアナウンサーではなく、制作会社です。制作会社がキャスティング会社やアナウンサー事務所に声をかけて、そこからナレーションを担当する人が選ばれます。佐藤さんが使われることは、ほぼありません」

アナウンサーが個人で活動していると、仕事のチャンスは流れ去りやすい。しかし、アナが「私をナレーションで使ってください」ではなく、制作会社(カタルチア)を紹介するのであれば、仕事の受注率は大幅に上がる。

「事務所から案件が振られるのを待つのではなく自分で案件を作る。発想の転換です。個人だったら、うまくいっても1人分の仕事しか生まれなかったのが、会社があれば、倍以上の人数の仕事が生まれます」

アナウンサー同士が助け合う。「アナウンサーの互助会」のような仕組みができた。本業の仕事がないアナには、一時的な収入源となる。また、カタルチアを通して制作のスキルを磨くことで、セカンドキャリアを拓くこともできる。

次ページ40歳を超えた女性アナは必要とされない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT