世間が「女子アナ」に誤解している5つの事実

野球選手狙い?ランキングは気になる?

輝いて見える彼女たちの実状とは?(写真:amadank / PIXTA)

各大学の『ミス・キャンパス』やアイドルからの転身もあるなど、今や芸能人よりも憧れの職業となった女子アナ。情報番組やスポーツ番組のみならず、バラエティー番組での活躍も目立ち、さらに彼女たちの恋愛・結婚が毎週のようにメディアをにぎわせています。

しかし、一方で「チヤホヤされてタレント気取り」「プロ野球選手や経営者との結婚で玉の輿狙い」「お金に欲深く、フリーになりたがる」などのネガティブな声も少なくありません。

いったい何が正しくて、何が間違っているのか? 在京キー局の男女アナウンサー計14人からヒアリングした内容をもとに、世間が誤解しがちな5つの現実をつづっていきます(仕事に影響が出てしまうため、コメントはすべて匿名)。

社内マウンティングのターゲットにされる

真っ先に挙げておきたいのは、「女子アナは撮影現場の華、局内のアイドル」というイメージ。確かに、明るさや清楚さなどを求められる女子アナには、そんなイメージがありますが、現実はもっとシビアです。

「他部署と比べても、社内での立場は低いほうだと思います。私たちは会社員ですし、情報番組でもバラエティー番組でも、基本的に『求められたことをやる』という形なので」(20代後半の女性アナ)

ご存じの人も多いように、女子アナのほとんどはテレビ局の社員。そのため、番組出演する有名人の立ち位置であるにも関わらず、社内での立場は他部署の社員と変わりませんし、本人たちは「むしろ低い」と感じることもあるようです。

もともとテレビ局は、「誰が異動させられた」「彼は幹部候補だから」などの噂が飛び交う巨大企業。社歴以上に目立ってしまう分、女子アナはそんな社内マウンティングに組み込まれやすく、男性社員たちが自分の力を示すためのターゲットにされてしまうのです。そのため、撮影現場でチヤホヤされることはあまりないですし、彼女たちもタレント扱いされることを望んでいません。

次ページ女子アナの正直な気持ち
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。