世間が「女子アナ」に誤解している5つの事実

野球選手狙い?ランキングは気になる?

これが真実。女子アナ本人にしてみれば、勝手に発表される上に、ランクインしても、しなくても、「社員・共演者・家族・友人から、イジられたり心配されたりする」「女子アナ同士でも面倒くさい空気になるときがある」など、何かと面倒なようです。

ただし、週刊誌が企画する「“嫌いな女子アナランキング”は、やっぱり嫌な気持ちになります」(20代後半の女性アナ)とのこと。一般企業にたとえると、好きな女性社員と嫌いな女性社員のランキングを社内外に公表しているようなものであり、セクハラ以外の何物でもありません。事実、この話題を振られた女子アナたちは、一様に答えにくそうな表情をしていましたし、ストレスのほどがうかがえました。

一般のOLと同じ感覚と価値観

ここまで5つの誤解を書いてきましたが、当然ながらこれらに該当しない女子アナもいるでしょう。

しかし、これまで私が会ってきた女子アナたちの感覚や価値観は、一般のOLとほとんど同じであり、自己顕示欲や欲深さも感じません。それでいて、仕事環境は厳しく、プライバシーは考慮されず、ネットで心ないバッシングを受けるなどの難しさを抱えながら奮闘しているのです。

これは裏を返せば、現在活躍している女子アナたちは、「それでもこの仕事をやりたいと思っている」ということ。その意味では、やはり魅力的な仕事なのかもしれません。

 朝2時起床、会社に泊まる、すっぴんで出社、生放送直後の地方ロケ、友人や恋人と会えない……笑顔の裏にこんな苦労があるからこそ、彼女たちが輝いて見えるのも、また事実。女子アナを見るとき、そんな陰の努力も想像してみてはいかがでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。