食えない女性アナ「決意の起業」その意外な中身

年齢と需要が反比例する残酷な世界に風穴

インタビューで語る髙橋絵理さん(2020年11月、撮影:弁護士ドットコムニュース)
契約アナウンサーやフリーアナの大多数は、正社員の局アナと比較して、賃金・待遇で劣るだけでなく、制作サイドの意向で簡単に職を失う不安定な職業だ。特に女性アナは、「年齢と需要が反比例する」問題と向き合う必要がある。アナ個人がどれだけ長く働きたいと願っても、残酷なまでに淘汰されてしまう。
かといって、別の業界への転身を試みても、「原稿を読むアナのスキルは潰しがきかない」ことで、セカンドキャリアに失敗するケースも踏み出せないケースも少なくない。自身が誰よりも不安定な「底辺アナ」だったからこそ、課題を解決すべく、「アナの制作会社」を作った女性がいる。(編集部・塚田賢慎)

元局アナの先輩たちも食えていない

東京・港区の「株式会社カタルチア」代表を務める髙橋絵理さん(31)は立命館大に在学中、全国のテレビ局の試験を100近く受け続け、ことごとく落ちた。

そこで、東京の事務所に所属し、フリーアナウンサーとなったが、当初は仕事がほとんどなく、アナの仕事の月収は10万円に満たなかったという。バイトに明け暮れ、ガス代を支払えずに、水風呂に入ったこともある。

局アナを経験していない自分には、キャリアもスキルもない。だから、食べられないんだ。

そのように考えることもあったが、同じ事務所にいた元局アナの先輩たちの多くが「地方では局の顔として活躍していたのに食えてない」ことに気づき、「私が問題じゃなくて、業界自体が食えないんだ」と気づいた。

インタビューの様子(撮影:弁護士ドットコムニュース)
次ページアナウンサーの世界はピラミッド
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT