マーケの基本のキ「3C分析」ありがちな失敗例

自社の都合を優先した分析に陥っていないか?

自社がどのようなビジネス環境に置かれているか現状を分析し、戦略の立案に役立つフレームワークを紹介します(写真:ipopba/iStock)
仕事の「スピード」と「質」はできる限り上げたいもの。
マッキンゼーで叩き込まれた 超速フレームワーク』では、コンサルティングの現場で実際に使われている、実用性・汎用性が高いフレームワークが紹介されています。本稿では同書から一部抜粋しお届けします。

市場&競合を知り、自社の戦略を導く「3C分析」

3Cとは「Customer」(市場・顧客)、「Competitor」(競合)、「Company」(自社)の頭文字をとったもので、マーケティング上の問題や課題を3つのCに分解します。

「市場はどうなの?」「自社には、どんな強みがあるの?」「競合はどうなの?」と、それぞれの要素を分析したうえで、解決策や改善案を見いだしていこうという手法です。

3Cは、マッキンゼー・アンド・カンパニーの日本支社代表だった大前研一氏が1980年代に提唱した考え方で、著書『ストラテジック・マインド』(プレジデント社)の中で詳細に書いています。

(出典:『マッキンゼーで叩き込まれた 超速フレームワーク』より)

なお、Customerに市場と顧客の2つの訳語をあてているのは、マクロ的な視点で市場全体を見たほうがいい場合もあれば、ミクロ的な視点で顧客1人ひとりに焦点をあてたほうがいい場合もあるからです。

次ページ具体的にはどう使うのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT