マーケの基本のキ「3C分析」ありがちな失敗例

自社の都合を優先した分析に陥っていないか?

自社がどのようなビジネス環境に置かれているか現状を分析し、戦略の立案に役立つフレームワークを紹介します(写真:ipopba/iStock)
仕事の「スピード」と「質」はできる限り上げたいもの。
マッキンゼーで叩き込まれた 超速フレームワーク』では、コンサルティングの現場で実際に使われている、実用性・汎用性が高いフレームワークが紹介されています。本稿では同書から一部抜粋しお届けします。

市場&競合を知り、自社の戦略を導く「3C分析」

3Cとは「Customer」(市場・顧客)、「Competitor」(競合)、「Company」(自社)の頭文字をとったもので、マーケティング上の問題や課題を3つのCに分解します。

「市場はどうなの?」「自社には、どんな強みがあるの?」「競合はどうなの?」と、それぞれの要素を分析したうえで、解決策や改善案を見いだしていこうという手法です。

3Cは、マッキンゼー・アンド・カンパニーの日本支社代表だった大前研一氏が1980年代に提唱した考え方で、著書『ストラテジック・マインド』(プレジデント社)の中で詳細に書いています。

(出典:『マッキンゼーで叩き込まれた 超速フレームワーク』より)

なお、Customerに市場と顧客の2つの訳語をあてているのは、マクロ的な視点で市場全体を見たほうがいい場合もあれば、ミクロ的な視点で顧客1人ひとりに焦点をあてたほうがいい場合もあるからです。

次ページ具体的にはどう使うのか?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT