「コロナ前後の売れ筋」を半年追って見えた現実

消費の新常態のキーワードは「おうち時間」?

新型コロナウイルスの感染拡大の前後、約半年にわたって売れ筋商品の販売動向を見ると、消費のニューノーマル像が浮かび上がってきた(写真:manoimage/PIXTA)

新型コロナウイルスによって、国民の消費はどう変わったのか――。市場調査会社のインテージは6月15日、「新型肺炎カテゴリ動向レポート⑬」を公表した。

この調査は新型コロナの影響を受ける前の1月6日週から、緊急事態宣言解除翌週の6月1日週までの22週間にわたって、全国4000店のスーパー、コンビニ、ドラッグストア、ディスカウントショップなどにおける販売動向を集計したもの。今回がその最終版になる。

乱高下したマスク、体温計の販売動向

新型コロナ禍によって、季節商品だったものが一躍、通年の生活必需品となったマスク。1月13日週までは前年割れだったが、1月20日週から一気に増えだし、1月27日週では実に前年比667.8%の販売金額まで膨れ上がった。

しかし、このころを境に商品供給が追いつかなくなり、ドラッグストアの店頭からマスクが蒸発。3月9日週では同80.6%まで落ち込んだ。

街角にドラッグストアルートとは明らかに異なる商流の商品が次々と出現し始めた4月下旬ごろから、ドラッグストアルートでも商品供給が増え始め、それとともに前年比の増加率も上昇。直近の6月1日週でもなお上昇が続いている。

店頭から商品が蒸発した時期がマスクよりも1カ月遅かった体温計は、2月24日週に前年比835.1%を記録。以降は一気に落ちたが、消耗品のマスクと違い、1度買えば済むためか、商品供給が戻った5月以降の動きはマスクほど極端ではない。

ちなみに、体温計が店頭から消えた時期、体温計に使用するボタン型電池LR41も店頭から消えた。家にある体温計を引っ張り出してみたが動かないので、電池交換をしようとする需要が殺到したということだろう。

化粧品は、全体としては2月下旬ごろから下がり始め、多くの企業がテレワークに突入した4月13日週に前年比65.5%まで落ち込んだ。6月1日週では92.3%まで戻っているが、品目別では大きく明暗が分かれた。

次ページただし、個別商品で見ると…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT