トイレ紙とティッシュ「実売値」に見た凄まじさ

デマを発端とした買い占め狂騒曲のリアル

トイレットペーパーやティッシュペーパーはいったいどれほど売れたのか(撮影:大隅 智洋)

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が続いている。爆発的な拡大とまではいかないが、そのピークが見えないため、不安がなくなることはない。メディアも連日この新型コロナウイルスに関わるニュースを報じ続けている。

その不安のために購買が殺到しており、いまだにマスクやアルコール消毒液がドラッグストアから消えている。無自覚症状の新型コロナウイルス罹患者がいるために、マスクは拡散防止に有効かもしれないし、アルコール消毒液はインフルエンザなどの予防にも有効とされる。新型コロナウイルスがパンデミックと宣言されるなか、これらの商品を求めるのは必然なのかもしれない。

しかし、先日、日本では余計な買い占めが観察された。トイレットペーパーやティッシュペーパーなどだ。さすがに、トイレの回数や鼻をかむ回数が急増するわけでもないだろうに、第一次・第二次オイルショックのときのごとく、人々はドラッグストアに列をなした。

「紙不足になる」というデマが発端だった。デマを信じる人を批判するのは簡単だが、デマを信じていなくても、家になければ買いにいくしかない。そして、再び並ぶのは厄介だと、1つ多めに買って帰る。そうするとトイレットペーパー不足が加速していく。トイレットペーパーの在庫は十分にある、と国やメーカーが宣言せねばならない事態になった。

いったい日本人はデマに踊らされてどんな購買行動をとったのか。トイレットペーパー、ティッシュペーパー、生理用品・用具の実売データを見てみよう。3ジャンルとも品薄が続いている。

紙からイメージされる商品が品薄に

筆者は5000万人規模の消費者購買情報を基にした、True Dataのデータ分析ツール「ドルフィンアイ」を使って売れ行きを調べた。主要な全国のドラッグストアのPOSデータを基に、トイレットペーパー、ティッシュペーパー等の売れ行きを抽出した。消費者は紙からイメージされる商品の品薄を懸念し、買いに走った。ただ、生理用品・用具について、例えば紙ナプキンは“紙”というが、実際には吸収紙以外の大半は樹脂製品であり、“紙”というイメージで誤った購買殺到を招いたと思われる。

(外部配信先ではグラフを全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

次ページ異常な売れ行きに
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT