行列できない時代の「ヒット商品」の生み出し方

なぜ人々は並ぶのか、どうやって売れるのか

ここまで述べたように、新型コロナ感染拡大下では、店舗に大行列を形成し、それが報道されることによる宣伝手法を用いることが難しい。そのため、人々が混雑しないポイントで撮影し、SNS等で拡散させるような手法が増加してきた。

当初これらの多くが人の少ない夜間に最も良い写真が撮影できるようなシチュエーションだったが、現在は夜間の外出の自粛などさらに厳しい状況であり、この方法も難しくなっている。

外出自粛でSNS拡散も難しくなる

人々が外出しなくなることは、同時に外で写真を撮影する機会も減り、SNSでの拡散はさらに難しくなるというスパイラルに陥ってしまう。

Clubhouseなど音声のみのSNSが急速に広まっていることから、このような形にフィットした宣伝手法の開発も必要である。また、これまでの延長線上の宣伝という視点では、自宅で撮影して拡散できるような何かを提供するなど、将来的な状況の改善を踏まえつつも、不要不急の外出を控えた中でどうやって宣伝するのか検討していく必要があるだろう。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT