PS5の「高額転売」がいっこうにやまない実態

ノジマが「転売撲滅宣言」を出すほどに深刻

2020年11月から品薄状態が続くPS5。「確実に稼げる格好の商品」と言う転売ヤーも(記者撮影)

1月30日、東京・秋葉原にあるヨドバシカメラのゲーム売り場は異様な雰囲気に包まれていた。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、ソニー)が2020年11月に発売した新型ゲーム機である「プレイステーション(PS)5」の店頭販売がされるとみた客たちが押し寄せたからだ。

「本日、PS5の販売はございません」。館内放送やレジ前での呼びかけでもお客はなかなか出て行こうとせず、店員が個別に説明する様子も見られた。札束を入れた封筒を握りしめた中高年の男性は、しびれを切らして店員に詰め寄る場面もあった。

ゲーム総合メディア「ファミ通」調べによるとPS5の2020年12月末までの国内販売台数は25万5150台。一方でソフトの販売本数はディスク版のみの集計ながら本体よりも大幅に少ないため、転売目的の購入が少なくないとみられる。

PS5は「確実に稼げる格好の商品」

ある転売ヤーは、「今のところ、(店頭で)5万5000円で手に入れたPS5は買取屋に持ち込めば8万円以上で即売れる。転売する側にとってみれば確実に稼げる格好の商品。店頭販売があると知れば、アルバイトを雇って現地に行かせ、大量に買わせていることも多い」と話す。

PS5の希望小売価格はディスクドライブ付きで5万4978円(税込み)。現在、品薄ということもあって、秋葉原にあるゲーム機の買取販売店では2021年1月時点で、7万~8万円での買い取りが行われている。「PS5は高額買取対象商品で仕入れにいちばん力を入れている。価格の変動はあるが、どうしてもPS5が欲しいという購入希望者が訪れ、年末には1台10万円でも買っていった」(買取販売ショップの店員)。

人気商品を大量に仕入れ、高値で売りに出す人たちは、ネット上で「転売ヤー(転売屋)」と呼ばれる。PS5の場合、買取店に持ち込むだけでなく、フリマアプリや自身が販売登録をしたアマゾンなどのECサイトに仕入れた商品を転売し、利ザヤを稼ぐ。

【情報提供のお願い】東洋経済では、転売に関する課題を継続的に取り上げていきます。こちらのフォームへ、転売に関する情報提供をお待ちしております。

さまざまな転売が行われる中、2020年に最も問題視されたのは衛生用品の転売だった。新型コロナ感染拡大初期の1~2月には、品薄状態からネット上のマスクの取引価格が100倍以上に高騰した事例もあった。このため、国民生活安定緊急措置法に基づいて3月にマスクや消毒液など衛生用品の転売が禁止された(同年8月に規制解除)。

また、コロナの感染拡大を背景に「巣ごもり消費」でにわかに需要が高まったのがゲーム機だ。供給が追いつかず、転売の格好の標的となったのが任天堂のゲーム機『ニンテンドースイッチ』だった。抽選販売で入手したスイッチの新品だけでなく、中古のスイッチまでメルカリやアマゾンで希望小売価格3万2978円(税込み)の1.5~3倍の高値で売買された。

次ページノジマは転売目的の購入はお断り
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT