PS5の「高額転売」がいっこうにやまない実態

ノジマが「転売撲滅宣言」を出すほどに深刻

2020年11月に発売されたPS5も同様に、“需要”に供給が追いついていない。メルカリなどのフリマサイトでPS5を検索すると転売目的で購入されたとみられる新品・未開封のPS5が希望小売価格の1.5~2倍の値段で売買される事例も多い。

ソニーは高額転売の現状について、「転売行為はやめていただきたい。品薄な状態にあることは認識しているが、できるだけ多くのお客様に希望小売価格でPS5を購入いただきたく、適切な供給量を整えられるように引き続き努力する」と説明する。

PS5発売直後はフリマサイトのメルカリへの高額出品が続出。100台で900万円という1人1台の抽選販売ではありえない出品が報じられたことから、ソニーはPS5の転売防止と協力を求めた。だが、発売から2カ月以上たった今でもメルカリでの高額なPS5出品は後を絶たない。マスクなどの衛生用品を除くと、法律で規制されているのはチケットだけ(チケット不正転売禁止法)。ルールを設けてどこまで出品を制限するかは、フリマサイト側の判断に委ねられている。

ノジマは店頭で罵倒されることも

もっとも、販売元の要請にとどまらず、小売店で明確に転売に反対する方針を打ち出した企業もある。大手家電量販店のノジマは2021年1月31日、転売撲滅宣言を出した。

ノジマは2021年1月に転売撲滅宣言を出した(ノジマHPより)

この宣言について、「当社の顧客層はファミリー層が多い。そうした方々を大切にしたいと強く思っている。個人の利益目的購入で多くの方が残念な思いをされているので、少しでも当社がまっとうな販売をさせていただきたい」(ノジマ・ゲームMD担当者)という。

2020年12月にノジマが実施したPS5の抽選販売は、応募総数12万件を担当部署が1件1件目視でチェックし転売目的での購入希望者でないかどうかの精査を行った。これも転売防止策の一環だった。PS5に限らず、店頭で転売目的とみられた場合は購入履歴を確認し、再来店した場合は会計時に商品の販売を断るケースもある。

「転売目的の購入希望者から、『法律で禁止されていないのになぜノジマが決めたことに従わないといけないのか』と店舗のスタッフが罵倒されることもしばしばある。対応に追われるスタッフに感謝するとともに、法律で転売に規制をかけることは重要と考える」(ノジマ・ゲームMD担当者)という。

次ページ不正検知サービスを提供する会社も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT