「コカ・コーラ×NiziU」CMが10代を虜にする訳

ステイホームでテレビ視聴時間増えた年末年始

NiziUを起用したことで、ひときわ注目を集めた日本コカ・コーラ『コカ・コーラ』の新CM。1月前期のCM好感度調査で、ヒットの傾向を振り返ります

ステイホームが呼びかけられた年末年始、大半の人はテレビの視聴時間が増えたことで例年よりも数多くのCMを目にしたのではないだろうか。以下、1月前期のCM好感度ランキングより、ヒットの傾向を振り返ってみたい。

CM好感度の首位に輝いたのはKDDI『au』だった。元日からオンエアした新CMは「三太郎」シリーズで親指姫を演じる池田エライザが歌うオリジナル楽曲『みんなってエブリワン!』をBGMに展開。「みんなちがう、だから面白い」といったポジティブなメッセージを発信し、多くの支持を得た。

2位の『SoftBank』は上戸彩が未来のしずかちゃんを演じる「5Gってドラえもん?」シリーズのCMが好調だった。3位には「お正月を写そう」でおなじみの富士フイルムがランクイン。堺雅人と広瀬アリス、すず姉妹が共演した『instaxプリンター』の新CMでスコアを伸ばした。

「NiziU」起用のCMが高評価

人気シリーズが上位を占める中、ひときわ注目を集めたのが日本コカ・コーラ『コカ・コーラ』の新CMだ。9人組のグローバル・ガールズグループ、NiziUを起用したCMを元日から放送し、10代の女性や主婦など女性を中心に高い評価を得た。

日本コカ・コーラ/コカ・コーラ/「この瞬間が、私。」篇60秒

CMは穏やかな海の映像に始まり、商品を手にしたMAKOがハミングする姿に続けて商品が映される。そして新曲『Take a picture』に合わせて息の合ったダンスをするNiziUに「LOVE my ダンス.」のコピーがかかり、続いてサーフィンやスケートボードを楽しむ人々などに「LOVE my 地元.」「LOVE my 挑戦.」といったコピーが重なる。

このほかNiziUが商品とともに食事を楽しむシーンなど、それぞれが毎日を前向きに自分らしく過ごす様子を描き、「この瞬間が、私。」というキャッチコピーを印象づけた。

対象期間中の放送回数はわずか13回だったが、全3408作品中の23位につけた。モニターからは「NiziUが踊ってる!めっちゃ今のCMっぽい」「NiziUの歌がアップテンポでよかった」「色彩が豊か」といった声が寄せられた。またCMのラストで紹介された「NiziU限定デザインボトル」に関するコメントや「久しぶりに飲みたいと思った」などの感想も見受けられた。

次ページ「フトン巻きのジロー」が自己最高を記録
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT