ピルの効果は避妊だけと思う人の大いなる誤解

生理で年6800億円損失、向き合い始めた企業も

スマルナから自宅に届く1カ月分の低用量ピルは、利用者のさまざまな状況に配慮し、無地の段ボールで届けられる(記者撮影)

「女性は月の半分を女性ホルモンというコントロールできないものに左右される。男性と同じ経営者であってもそこが異なる。解決できる手段があるのならば投資をしようと思った」

こう話すのは、営業代行事業を展開するSurpass社の創業者でCEOの石原亮子氏だ。石原氏は30代半ば、「月経前症候群(PMS)」の症状を以前より感じるようになった。

生理(月経)前の1週間前後にわたってみられるPMS。抑うつ気分や頭痛といった精神的あるいは身体的症状が現れる。そのような心身の状態で「経営に関する重要な決断をすることに恐怖を感じた」と振り返る。

「低用量ピル」という思わぬ答え

そうした中、低用量ピルという解決方法を海外の友人から聞き、衝撃を受けた。

低用量ピルには女性ホルモンに似た成分が含まれており、毎日服用することで排卵が抑制される。服用は1カ月に1週間休む。この休薬期間中に子宮内膜が剥がれ、生理が来る仕組みだ。

ピルの効果は高い避妊効果だけではない。女性にとって魅力的なのは、生理痛の緩和や生理周期の安定、さらにPMSの緩和や肌荒れの改善といったさまざまな副次的効果だ。排卵がないことにより、子宮内膜症の悪化を防ぐというメリットもある。

次ページ「日本ではなぜタブーなのか」と疑問
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT