中国のAIユニコーン、「プレIPO」で724億円調達

金融機関のマネロン対策やリスク評価にAI活用

第四範式はAIを活用した金融機関向けコンサルティングに強みを持つ(写真は同社ウェブサイトより)

中国のAI(人工知能)技術のユニコーン企業である第四範式(4パラダイム)は1月22日、総額7億ドル(約724億円)のシリーズDの資金調達ラウンドを完了したと発表した。

シリーズDのリード投資家には博裕資本(ボーユー・キャピタル)、春華資本(プリマベーラ・キャピタル)、厚朴投資(ホープー・インベストメンツ)という有力プライベートエクイティー(未公開株)ファンド3社が名を連ねた。財新記者の取材に応じた2人の関係者によれば、第四範式はこれから上海証券取引所のハイテク企業向け新市場「科創板」への上場準備に入るという。

なお、上場計画に関する財新記者の問い合わせに対し、同社の担当者は「時期や上場先についてはまだ検討中」と回答した。ただ、第四範式の創業者兼CEO(最高経営責任者)の戴文渊氏は、2020年8月に財新の取材を受けた際に「科創板への上場機会を積極的に探っている」と語っていた。

官需依存のAIスタートアップと一線画す

第四範式は中国の検索最大手「百度(バイドゥ)」のシニア・サイエンティストを務めていた戴氏が2014年に創業。金融機関向けのAIを活用したマネーロンダリング対策や融資リスク評価などのコンサルティング・サービスを皮切りに、事業を拡大してきた。

中国のAIスタートアップの多くは主要顧客が官公庁であるのに対し、第四範式は顧客の大部分が企業であるのが特徴だ。金融業界では招商銀行、交通銀行、興業銀行などにAIプラットフォームを提供しており、金融業界以外でも外食チェーン大手の百勝中国(ヤム・チャイナ)やビール大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブの中国法人などを顧客として取り込んでいる。

本記事は「財新」の提供記事です

第四範式は現時点では損益を公表していない。財新記者の取材に対し、同社の担当者は次のようにコメントした。

「ビジネスの拡大期には、経営の黒字化は最大の関心事ではない。しかし事業予算の支出計画やキャッシュフロー管理には気を配っている」

(財新記者:何書静、翟少輝)
※原文の配信は1月22日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT