人目が気になる「男性用リップ」のあの手この手

Zoom会議などでリップの使用が広がる可能性も

唇に塗られるのはケアアイテムだけではない。最近では男性向けアイテムのみならず、ジェンダーレス/ジェンダーニュートラルで多様な人をターゲットにした化粧品が登場している。韓国から上陸した「ラカ(LAKA)」や、昨年日本で誕生した「アイロ(iLLO)」はカラーコスメを販売し、ビジュアルには男性も起用する。

「アイロ」を販売するコティスエルトの矢野亜也那CEOは、ジェンダーニュートラルというコンセプトについて「美容に気を遣う男性が増える中で、メイクに挑戦したい、取り入れてみたいと考える方も増えてきた。しかしブランド選択の難しさや『女性向けブランドの購入は気が引ける』との意見も多く、メイクに性別は関係ないとブランドから発信することで、メイクアップに対するハードルが少しでも下がればいいなと考えた」と話す。

ターゲットは美容意識や感度の高いジェネレーションZ世代だが、実際のユーザー層は20代後半もおり、初めてメイクするという男性客からの購入も多いという。

心理的ハードルを下げていく

「アイロ」が販売する「ラスティング スムースリップスティック」はセミマットな質感で、自然な発色に仕上げる口紅だ。自然とはいえ、カラー付きリップバームと比べればしっかりと色がつく。

そのためユーザーの中には、ベースメイクやアイブロウなどの基本的なアイテムと比べてハードルが高いと感じ、素の唇を自然に整えるアイテムや薄づきのカラーから取り入れたいとの意見も寄せられるという。

しかし実際にタッチアップした男性たちは、「『たったこれだけでここまで自然に変わるんだ』『色付きのリップを初めて使ったが、こんなに使いやすいとは思わなかった』と驚いていた」という。心理的なハードルはあるものの、色を塗ることでポジティブな発見も多いようだ。

男性用リップは人目がどうしても気になってしまうという課題感もある一方で、最近ではZoomなどを通じ、鏡以外でも自身の顔を見る機会が増え、顔の印象を気にする人も増えている。リモートワークも追い風に、パッと顔の雰囲気を変えられるリップアイテムは今後普及していくか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT