中国のゲーム会社CEOが「毒殺」驚きの事件内情

SF超大作「三体」を巡る確執と謎の遺産相続者

毒殺とみられる形でこの世を去った林奇氏(写真:財新編集部)
日本でも話題になった中国のSF小説「三体」。そのテレビドラマ版をネットフリックスと共同で製作する予定だった中国側のパートナー企業創業者が毒殺とみられる形で、2020年12月25日にこの世を去った。この不可解な事件の背景には大ヒットIP「三体」を巡る確執が見え隠れし、さらには相続権を持つと主張する謎の遺族が登場する遺産争奪戦にも発展。中国全土で注目を集めている。

遊族網絡(編集注:Yoozooグループ、中国のゲーム開発企業でグループ会社が「三体」の全世界での著作権を所有する)の創業者・林奇(リン・チー)氏が毒殺された事件の謎が徐々に解明され始めており、浮上してきたさまざまな内情は驚くべきものであった。

財新記者は林奇氏に近い複数の関係者から少しずつ、事件の経緯を聞き出すことができた。林奇氏の体内からは複数の毒素が検出されている。また、この事件による遊族網絡の被害者は合わせて3人おり、他の2人の被害者は死に至っていない。

2020年12月25日、林奇氏は毒殺とみられる形で不幸にもこの世を去った。上海警察がこれまでに発表している情報によれば、林奇氏は故意に毒殺されたもので、この重大事件の容疑者となっているのは許という人物である。

容疑者は常時複数の毒薬を所持

本名は許垚(シュー・ヤオ)、今年で40歳。遊族映画業(編集注:「三体」映画版の製作を行った上海游族文化媒体有限公司)と三体宇宙公司(編集注:ネットフリックスと共同で「三体」テレビドラマ版を開発する遊族網絡の子会社)のCEOだ。

林奇氏をよく知る2人の関係者によれば、事件後、林奇氏の体内からは少なくとも5種類の毒素が検出され、その中には水銀とテトロドトキシンが含まれていたという。

本記事は「財新」の提供記事です

許容疑者が普段からアメリカのテレビドラマ「ブレイキング・バッド」(編集注:余命わずかな高校の化学教師が家族を養うため麻薬王になるというストーリー、中国語版のタイトルは「絶命毒師」)に心酔していたと林奇氏の複数の関係者は話す。

上海の青浦区には専門的に毒を製造している施設があり、許容疑者はダークウェブを通じて数百種類の毒薬を購入し、常時複数の毒薬を揃えていたという。

その後、許容疑者は猫や犬などのペットで実験を行い、それらのペットが死亡したのを確認した後に、人に対して毒を使用する準備を始めたとのことだ。

次ページ関係者の証言
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT