「逃げ恥SP」詰め込まれた"30の名言"が凄すぎた

あれから4年、「ニッポンの課題」がてんこ盛り

●名言25:リモートワーク問題
「そんなもん、俺が説き伏せるよ」by灰原さん
開始1時間49分47秒

→リモートワークに反対する社長を説き伏せると言う灰原課長。2020年当初の混乱を思い出します。沼田さんに諭されて変わった、灰原さんのリーダーとしての成長を感じられるいい場面でした。

●名言26:緊急事態宣言&給付金複雑問題
「助かってくれ。人類。世界」by沼田さん
開始2時間01分13秒

→客足が激減したバーを営む山さん、売り上げが激減した化粧品会社勤務の百合ちゃんの切実な訴え。コロナ後の一変した世界が描かれています。

●名言27:デマ&自粛警察問題
「大丈夫。世界はまだ、こんなにも美しい」by平匡
開始2時間03分20秒

→断腸の思いで産後、実家での育児を選んだみくり。デマや密告に疲れ果てる平匡さんのもとに届いた、みくりと娘の写真。写真を見た平匡さんは、2人にパソコンを届けにいくことを決意します。

●名言28:親の自覚問題
「父親も母親も、いきなりはなれないのよねー」byみくり母
開始2時間06分05秒

→平匡さんからのそっけないメールに、妊娠判明時の「塩反応」を思い出して落ち込むみくりに、母親がかける言葉。「子育てってゴールが見えないんだから。過程を楽しんだらどうかな」という母からのアドバイスもよきです。

どんな人生も優しく受け止める、それが「逃げ恥」

●名言29:ダイバーシティ問題
「僕みたいな、1人で生きる人間もいるってことです」by風見さん
開始2時間08分30秒

→結婚、独身、LGBT……。多様性を描く『逃げ恥』で、元カノ百合ちゃん同様、1人で生きていく決意をした風見さん。どんな人の人生も優しく受け止める、とても『逃げ恥』らしいセリフです。

●名言30:コロナ直面問題
「生きていればまた会える」by平匡&みくり
開始2時間13分00秒

→この、体は「ディスタンス」、心の声はシンクロのシーンは、盛り上がりました。そして、2人が「おかえり」と「ただいま」と声をかけあうラストシーンも、日常のありがたさをしみじみと感じるシーンとなりました。

ちなみに、4年前のドラマで神回と言われた第6話では、みくりが隣に座った平匡さんに気づかれぬように、左目だけから涙を流すシーンが話題になりました。

今回は、右目からだけ涙がつーっと流れていましたよね。偶然かどうかはわかりませんが、星野さん・新垣さんの名演技あっての『逃げ恥』だなあと感じたラストシーンでした。

というわけで、日本の課題てんこもり!『逃げ恥SP』名言で振り返ってみました。家族や友人、同僚など、周囲の人と改めて、感想を話し合ってみるのも楽しいかもしれません。

現場からは以上です。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT