長瀬智也の「未来」に期待するプロたちの超演出

"最高傑作"になった「俺の家の話」までの道程

長瀬智也さんの俳優としての偉業を振り返ります(イラスト:momokoharada)
コロナ自粛の影響で、近年になく映像作品に親しむようになった人が増えています。より日常が豊かになるような、映像作品の楽しみ方とは? コラムニストの佐藤友美(さとゆみ)さんが、ドラマと日常の間に、華麗に接線を引いていきます。
ドラマ「俺の家の話」についてのネタバレを含みますので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

ツイッタートレンド世界1位となった「俺の家の話」

最終回の放送直後、ツイッターのトレンドで世界1位になった「#俺の家の話」。おそらく、100人中100人が予想していなかった最終回のゆくえに、SNS上には「まさかの展開!」「涙がとまらない」「今期の最高傑作」「ロスが激しい」といった声が並びました。

親の介護をテーマにしたホームドラマを、コミカルに、そしてハートフルに描いた感動作であるだけでなく、このドラマはこの3月31日でTOKIOを脱退、そしてジャニーズ事務所を退所した長瀬智也さんの、(当面のところ)最後のドラマ出演作にあたることでも話題になりました。

長瀬さんは、事前に13キロの増量にのぞみ、さらには髪を伸ばして役作りの準備をしたそうで、なみなみならぬ気合を感じさせられました。

TOKIOとして最後の出演となった3月31日の「TOKIOカケル」では、今後の活動について一切触れなかった長瀬さん。今後、芸能界を完全に引退するかどうかは定かではありませんが、彼にとって、また俳優としての彼を高く評価する関係者たちにとっても、このドラマは一つの区切りとなる大切な作品であったことでしょう。

「俺の家の話」では、不器用ながらも家族の絆を深めようとする主人公・寿一と、TOKIOを脱退する長瀬さん自身の軌跡が重なり、このドラマそのものが長瀬さんへの壮大なエールにも思えたシーンも多々ありました。

そのたびにSNSでは、それらのシーンやセリフが取り上げられてきたものです。

まずは、そのような名シーンを振り返る前に、あらためて今回のドラマのスタッフとキャストについておさらいしたいと思います。

「俺の家の話」は、長瀬さんにとって最強布陣ともいえる、クドカンこと宮藤官九郎さん脚本×磯山晶プロデューサーがタッグを組んでいます。

次ページクドカン×磯山晶さんの最強タッグ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT