KinKi Kids「最後の90年代デビュー組」の現在地

「ジャニーズ愛」を体現する異色デュオの24年

(写真:iStock/Blue Planet Studio)

堂本光一と堂本剛からなるKinKi Kids。彼らは、ジャニーズ史上初めてデュオでCDデビューを飾ったグループである。その存在は、比較的大人数のグループが多いジャニーズのなかで、いまも異彩を放つ。

一方で、今年11月1日での解散をV6が発表したことにより、このままいけば1990年代にCDデビューしたジャニーズグループのなかで、ずっと変わらずに活動を続ける唯一のグループということになる。彼らは、ジャニーズにとっていったいどのような存在なのだろうか? 

「硝子の少年」が名曲である理由

ジャニーズのデビュー曲には、大ヒットするのみならず、楽曲としても印象的なものが多い。なかでも、いまから約24年前に発売されたKinKi Kidsの「硝子の少年」は名曲のひとつだろう。

この連載の記事一覧はこちら

同曲は、作詞が松本隆で作曲が山下達郎。この名前だけでも、力の入り具合がわかる。失恋ソングではあるが、この両人ならではの洗練された、それでいてどこか懐かしい香りのある一曲になった。

松本隆の詞は、都会風のおしゃれな雰囲気を残しながらも、タイトル通り十代の少年ならではの純粋さ、そして儚さを描いている。そこに山下達郎らしい美しいメロディラインと情感あふれるKinKi Kidsのボーカルが合わさり、世代を問わず聴く者を惹きつける。

果たして1997年7月発売の「硝子の少年」は、初週31万枚以上を売り上げオリコン週間チャートの1位を獲得、累計でもミリオンセラーとなるなど大ヒットとなった。同時発売されたデビューアルバム『A album』も同じくミリオンセラーとなり、KinKi Kidsは一躍時の人となる。

そこには、CDデビュー前からの彼らの活躍もあった。日本武道館をはじめとした大きな会場でコンサートを開き、テレビでもグループ、個人それぞれでレギュラー番組を持った。たとえば、吉田拓郎らと共演した音楽バラエティ番組『LOVE LOVE あいしてる』(フジテレビ系、1996年放送開始)は、ギターの習得などその後の彼らの音楽にも影響を及ぼした点で重要な番組だった。

次ページドラマでも存在感
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT