不良系ジャニーズ「KAT-TUN」15周年の現在地

1年8ヶ月の充電期間で磨かれた三者三様の魅力

新曲発売、15周年で多くの雑誌の表紙を飾るKAT-TUN(写真:編集部撮影)

KAT-TUNが、メジャーデビューしてから今月で15周年を迎える。「ギリギリでいつも生きていたいから」の歌詞が印象的な『Real Face』での鮮烈なデビューを覚えているひとも多いだろう。

ただ、ジャニーズにおける“不良系”の代表でもあるKAT-TUNは、これまでメンバーの脱退などかなりの紆余曲折もあった。逆境のときもあったなか、彼らはなぜここまで続けることができたのか? その魅力と現在地を探ってみたい。

「ごくせん」で世に浸透

「KAT-TUN」というグループ名は、オリジナルメンバーである亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一6人の名字のイニシャルを組み合わせたものである。「Kis-My-Ft2」も同じパターンだが、故ジャニー喜多川氏の独特のネーミングセンスが光る名前のひとつだ。
2001年に結成されたKAT-TUNは、CDデビュー前から数々の記録を残しているグループでもある。

この連載の記事一覧はこちら

2002年には初の単独ライブを東京国際フォーラムで開催。そのとき55万人もの観覧希望者が殺到して話題になった。また同年の大阪松竹座の公演では、1日11公演という記録もつくった。

そしてその後も全国ツアーなどライブの経験を重ね、2006年3月には、CDデビュー前のアーティストとしては史上初となる東京ドームでの単独コンサートを成功させた。

一方で、テレビ出演を通じてKAT-TUNの存在は世に広く知られるようになった。

2005年に放送された仲間由紀恵主演の学園ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)第2シリーズに亀梨和也と赤西仁が出演。2人は、筋金入りの不良たちが集められたクラスのリーダー的な不良生徒役を演じ、一躍注目を浴びる。ドラマも高視聴率を記録し、KAT-TUNというグループの存在が世間に浸透するきっかけになった。

次ページ結成5年目でCDデビュー
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT