長瀬智也の「未来」に期待するプロたちの超演出

"最高傑作"になった「俺の家の話」までの道程

とくに、ネットが騒然としたのは、第9話。レスラーとしての引退を決意した寿一の試合前に、長州力さんが「レスラーなんて、何回引退しても、何回もカムバックすりゃいい」と言うセリフが、「クドカンから長瀬さんへのメッセージに聞こえた」と、話題に。

さらに最終回では、「俺がいない俺の家の話」という言葉や「俺は俺の家が大丈夫なら、大丈夫なんで」といったセリフが長瀬さん自身の口から語られ、いやが応でも長瀬さん不在のTOKIOに想いを馳せることとなりました。

折しも、この最終回の直後、TOKIOの看板番組である「ザ!鉄腕!DASH!!」にもシンクロするようなシーンがありました。

桜吹雪のプロジェクターにうつる5人の影絵を見て、「え、どうして4人じゃなくて5人?」と驚くメンバーに「いいじゃん、(TOKIOは)どうせ(もともと)5人なんだから」と長瀬さんが屈託なく語る場面が放送されたのです。

この放送を見て、再び、「俺の家の話」の最終回が思い出されました。

50歳、60歳になった時の最高傑作も見てみたい

この連載の記事一覧はこちら

「俺の家の話」の最終回では、能楽の「隅田川」に重ね合わせ、息子の死を受け入れられない父・寿三郎と、自分の死を受け入れられない息子・寿一が、舞台の上で再会する場面が描かれています。

「隅田川」において、子どもの亡霊を実際に舞台に出すか出さないかという議論があったとき、世阿弥は「子どもの亡霊は出さない。出さずして、その存在を観客に感じさせたほうがよい」と語ったと、寿三郎は寿一に伝えました。

しかし寿一はその時、自分が息子だったら亡霊になってでも姿をあらわしたい。「だって、会いてーもん」と、答えています。

その言葉のとおり、一度はこの世界から姿を消したはずなのに、舞台そでに姿をあらわした寿一。その寿一の姿と、俳優・長瀬智也の姿を重ね合わせ、今後に期待をした視聴者も多かったのではないでしょうか。

多くの視聴者を、笑いと涙に誘った長瀬さんの(暫定)最高傑作。これがラスト(かもしれない)と言われると、なおさら、これからも、長瀬さんの出演作が見られますようにと願ってしまうのです。

先に書いたように、ドラマが始まる前には「長瀬さんの最高傑作にしたい」と意気込みを語っていたプロデューサーの磯山晶さんも、ドラマの最終回直前のインタビューでは、

「この作品を最高傑作にはしたくない。これが最後の作品ではなく、50歳、60歳になった長瀬さんの作品も見たい」

と、話していらしたとか。

心の底から、同感です。私も、見たい。

現場からは以上です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT