長瀬智也の「未来」に期待するプロたちの超演出

"最高傑作"になった「俺の家の話」までの道程

俳優さんには、よく「当たり役」と呼ばれる役が存在します。が、その「当たり役」のスタッフ陣を見ると、実は、同じスタッフ陣であることも多いものです。

たとえば、以前このコラムでも紹介した星野源さんの当たり役を作ってきたのは、脚本家の野木亜紀子さん(「逃げ恥」「MIU404」「罪の声」)。

今季のドラマの中では最高視聴率を記録した「天国と地獄」の主演、綾瀬はるかさんは、この「天国と地獄」をはじめ、森下佳子さんの脚本にヒット作が多く見られます(ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN(仁)」「おんな城主 直虎」)。

長瀬さんも、同様です。これまでさまざまな主演作を演じてきましたが、大きな話題になったのは「池袋ウエストゲートパーク」(2000年)や「タイガー&ドラゴン」(2005年)。この2作品によって、俳優・長瀬智也の存在は大きく評価されました。これに「うぬぼれ刑事」(2010年)を合わせた3作が、クドカン×磯山さんチームでの作品です。

長瀬さんを20代のときにクドカンに引き合わせたプロデューサーの磯山さんは、今回のドラマについてたずねられたとき、「長瀬さんの最高傑作にする」という意気込みで作ったと答えています。

そしてその意気込みは、スタッフの布陣だけはなく、キャストの配役にもあらわれていました。

長瀬さんにゆかりの深い役者陣が支える

「俺の家の話」で、長瀬さん演じる観山寿一は、人間国宝である能楽師の父の後継となることを拒否し、17歳で家出してプロレスラーとして活躍した長男の役回り。

レスラーとしてはピークを過ぎた寿一が再び家に戻ってきたのは、父危篤の知らせを受けたから。寿一は奇跡的な回復をした父の介護をしながら、プロレスと能の二足のわらじを履くことになります。

この、長瀬さんの父親を演じるのが西田敏行さん。

西田さんと長瀬さんは、「タイガー&ドラゴン」では落語の師と弟子、「うぬぼれ刑事」では親子を演じています。磯山さんいわく「本物の親子のよう」という2人の息はぴったり。

とくに、6話の25年ぶりの家族旅行で、わがままな父と大喧嘩してしまうシーン。そして、8話で要介護認定2となった父を、グループホームに入所させるシーン。

愛憎相まみえる家族の介護を壮絶なリアリティーで演じられ、涙なくして見られない名場面でした。

次ページまるで「壮行会」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT