なぜ日本人は「有馬記念」を賭けてしまうのか

リスク嫌いでもギャンブル大好きの摩訶不思議

(山崎元氏)1年を締めくくる決算的なG1なので是非当てたいレースなのだが、萎縮して当てに行かずに中穴を狙う。

山崎元氏の本命はラヴズオンリーユー

ラヴズオンリーユーに注目したい。人気のクロノジェネシス、カレンブーケドールと力は拮抗していると思われ、オッズ的に狙い目だ。

距離も合っているし、前走に復調気配がうかがえ、調子が上がっていると判断する。加えて、2枠4番と好枠を引いた。馬券は、本馬を固定し以下の5頭をボックス買いする3連複10点を本線とする。

対抗格はクロノジェネシスで、今年の中山の上がりのかかる馬場にも、小回りにも合う。

以下、クリストフ・ルメール騎手を確保したフィエールマンは外せない。斤量有利の3歳馬で重賞連勝中のオーソリティ、前走のジャパンカップで好走したカレンブーケドール、さらに速い上がりタイムが必要ないとなれば1昨年の勝ち馬であるブラストワンピースも買っておきたい。

ここが引退レースのラッキーライラックは、上がりの速いレース向きなので、今回は強調しない。無事に走って、いい母馬になって貰いたいものだ。個人的には先の本線馬券に、クロノジェネシスを固定した残り5頭の3連複ボックス買いを重ねる予定だ。4点ほど買い目が重なるが、ほどよいオーバーウェイトになると思う。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • トクを積む習慣
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT