なぜ日本人は「有馬記念」を賭けてしまうのか

リスク嫌いでもギャンブル大好きの摩訶不思議

まず、ギャンブルとは何かから始めよう。Gamblingの定義は、「ロングマン現代英英辞典」によると
when people risk money or possessions on the result of something which is not certain, such as a card game or a horse race

ということである。Lotteryつまり、宝くじは最も人気のあるギャンブルである、という例文も引用されている。そして類義語として、ベッティングが挙げられている。こちらは、when people risk money on the results of games, competitions etc or other future eventsとされている。

ギャンブルとベッティングは何が違うのか?

では、この2つは同一なのか、というと、実は違う、と言われている。すなわち、ギャンブルとベッティングの違いは何か?という疑問に対する1つの有力説は、ギャンブルは純粋に運によるものに対する賭け事であり、ベッティングとは、自分で結果を予想し、それに対して賭けること、とされている。

実は、ギャンブルの世界では「究極のギャンブル」はバカラだと言われている。そして、大きなカネを動かせない人にとっては、スロットである。ここでのポイントは、ブラックジャックでもなく、パチンコでもないのである。

なぜなら、バカラは、純粋に運にだけ頼る賭けであり、一方、ブラックジャックでは、自分の判断、つまり、能力、記憶力、センスが問われる、という違いがあるのであり、究極のギャンブラーは純粋に運に賭けることに興奮するからなのである。

実際、日本でも純粋に運による賭け事のほうが、圧倒的に人気がある。競馬では「win5」という5つのレースの勝ち馬をすべて当てる馬券があるが、最高2億円(キャリーオーバーありのときは4億円)にもかかわらず、それほど人気はなく、サッカーくじのtotoのBIGには遠く及ばない。BIGにおいては、Jリーグの勝敗などに賭けるのだが、BIGの場合は、自分で予想をすることはできず、ランダムに結果を割り振られ、まさに運任せのくじとなっている。

次ページ見えてきた「日本人はギャンブル好き」の正体
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT