サッカー日本代表は「たらこスパゲッティ」だ

ザッケローニ監督に学ぶ、日本が世界で戦う秘訣

いよいよサッカーW杯。厳しい表情で練習を見つめるザッケローニ監督(AP/アフロ)

いよいよサッカーW杯が6月12日から始まる。今回は、ザッケローニ日本代表監督の知られざる過去を踏まえたコラムをお送りする。副題をつけるなら「ザッケローニと、たらこスパゲッティ」。ここから、グローバルでの日本企業の戦い方について、ぜひ読者の皆様と一緒に考えたい。

「はぁ?なんで、ザックとたらこスパゲッティなの?」と思われたかもしれない。だが、少々お付き合いいただき、読み進めていただければ幸いだ。

プロ経験がない監督が、なぜ超一流になれたのか

まずは、ザックこと、ザッケローニ監督の話をしよう。彼が挫折に満ちた過去を歩んできたことをご存知の方も多いだろう。サッカーの超一流チームの監督というのは、通常プロ選手として輝かしい実績を残した者がなるものだ。しかし、ザックは10代の時に肺の重い病気でプロサッカー選手になる夢をあきらめ、実家のホテル業を手伝いながら過ごしていた。

初めての監督経験は、イタリアの小さい町の8歳の子供たちのサッカーチームだった。しかも7人しかいなかったため、10点差以上で負けることもしょっちゅうだった。非凡だった彼は隣町のユースチームの指導などで実績を挙げ、ついにプロサッカーのトップチーム(といっても下部組織だが)から、指導者のオファーをもらった。だが、そこからが大変だった。

下部組織とは言えプロチームの監督なのだ。通常のビジネスに例えれば、学歴もなく、仕事での実績もないのに、歴史もある大企業グループの、「孫会社クラスのトップ」につくようなものである。外野からは「プロ選手の経験がない監督は成功しない」、と言われるのは当たり前。選手からも「素人監督」と常に疑いと偏見の眼で見られた。だが、その偏見を打ち破ったのはザック自身の「2つの取り組み」だった。

次ページザックの2つの取り組みとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT