ザッケロー二が示した「楽観的姿勢」の意味

内田、吉田、長谷部の選出に込めた思い

(写真:ロイター/アフロ)

人生を賭けた大一番に臨むとき、指揮官は希望を全面に出した「楽観主義者」になるべきか。それとも最悪の事態に備えた「悲観主義者」であるべきか――。アルベルト・ザッケローニ監督のメンバー選考は、その問いを考える上で大いに参考になるかもしれない。

5月12日、ザッケローニ監督はブラジルW杯に向けた日本代表のメンバー23人を発表した。その会見において、カルチョの底辺から這い上がってきた名将は、イタリアの格言を引用した。

「イタリアではこんな表現がある。『グラスに半分の水が入っていたとき、十分入っていると捉えるのか、それとも半分しか入っていないと捉えるのか。人によって見方が変わる』。私は後者のタイプではない。ポジティブに物事を考えて、成功のイメージだけを持ってやっていきたい」

何事にも必ずプラス面とマイナス面があるものだ。ネガティブな方に引っ張られてしまわず、良い方向に進むと信じて最高の準備をしよう、ということだろう。

2006年W杯の苦い思い出

今回、ザックがこの発言をしたのは、ケガで離脱している内田篤人と吉田麻也、および復帰直後の長谷部誠について「確信があるのか、それとも賭けで連れて行くのか?」と問われたときだった。

FIFAのルールでは、5月13日までに提出しなければならないのは30人の予備登録リストで、正式23人の締め切りは6月2日だ。現時点で23人に絞る必要はなく、ケガ人がいる場合は多めに選出しておくのが無難だと思われる。

実際、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表はMFムイジャがリハビリ中のため、それを考慮して24名を選出した。ケディラ、シュメルツァー、ヤンゼンら復帰直後の選手を抱えるドイツ代表は30名を選出。他にも事情や狙いはそれぞれだが、アメリカ代表、ロシア代表、コスタリカ代表は30名、ウルグアイは25名を発表した。

日本は予備登録の7人を用意しているものの、彼らは合宿には参加しないため、ケガ人が間に合わなかった場合、合宿地のアメリカまで呼び寄せなければいけなくなる。

2006年W杯の直前には、そういう不測の事態が起こった。

ドイツ入り後の練習でセンターバックの田中誠が負傷し、ハワイにバカンスに行っていた茂庭照幸を急遽招集。あくまで茂庭は第4のセンターバックにすぎず、出番はないと思われたが、ジーコ監督が初戦のオーストラリア戦で3バックを採用し、さらに後半に先発の坪井慶介の足がつったことで、茂庭は緊急出場を強いられた。

そして、日本はラスト9分に3失点して衝撃的な逆転負けを喫した。茂庭自身のパフォーマンスに大きな問題はなかったが、他の選手との連携に疑問が残った。

次ページ勝負師としての顔
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
  • 就職四季報プラスワン
  • シリコンバレー起業日記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先端医療ベンチャー<br>バイオ・AIが巻き起こす長寿革命

GAFAなどのIT大手や名だたる世界の投資家たちが今、医療ベンチャーに熱い視線を送っている。投資額は約1.7兆円、10年で7倍近くに膨らんだ。ゲノム、AIとの融合、異端技術による創薬、不老長寿研究……。次世代医療の覇者は誰か。