サッカー日本代表は「たらこスパゲッティ」だ ザッケローニ監督に学ぶ、日本が世界で戦う秘訣

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
拡大
縮小

人間万事塞翁が馬

こうして、日本流とイタリア流をミックスし、新しい価値を生み出してきたザックジャパン。

そんなザックは、他の一流監督と比べると、かなり地味にも見える。例えば、スペインのレアル・マドリードや英国のチェルシー等、世界最高峰のチームを率いてきたモウリーニョ監督なら、「お前たちはすごい。だがそれを証明するには勝て!」という勝者のメンタリティを植え付けようとするだろう。だが、ザックは違う。
彼が良く使うのは、イタリア語で「Dacosa nasce cosa」(ダコーザ・ナッシェ・コーザ)。日本語で言えば「人間万事塞翁が馬」、つまり人生はどう転ぶかわからないということだ。

ザック自身のキャリアもそうだ。10代で病気になってプロの夢を諦めたことが、後の監督のキャリアにつながった。素人監督時代、何度も馬鹿にされ、研究を続けたことが、後のトップ監督で通用する理論構築の土台になった。
常に挑戦をしてきたから、今があるのだ。ザックは、就任時に、「イタリア人の日本代表監督は、前例のない初めての挑戦。だからこそ、意欲が掻き立てられた」と言った。

日本もかつてはW杯に出られなかった。アジアの中ですら、勝てなかった。それでも本田選手や香川選手のように、挫折を恐れず新しいチャレンジをする選手が出てくる中で、世界のトップも認めるまでに、レベルがあがってきた。挫折があるからこそ、次がある。新しい挑戦をしてこそ未来がある。挫折をしていない男とは、チャレンジをしていない男だ。

過去からの、選手やスタッフの数え切れない挫折を経て、今、日本代表がブラジルのピッチに立つ。ザッケローニ監督の数々のチャレンジを経て、「たらこ」と「スパゲッティ」を組み合わせた日本代表は、南米料理や欧州料理に勝るはずだ。これを、是非ともブラジルで見せてもらいたい。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT