忘年会スルーしたい人が図らずも利を得た事情

今年はコロナでリアルな開催はそもそも困難

それだけではありません。吉本興業までがオンライン忘年会に目をつけているのです。吉本芸人がオンラインでネタやトークを披露する『月刊よしもと芸人オンラインイベント』と連動し、新たなオンライン忘年会のカタチを提案しています。

このオンライン忘年会は、忘年会のニューノーマルとなっていくのでしょうか。われわれ、ツナグ働き方研究所の調査によると、職場の部署内や仲間とオンライン飲み会を経験した20代は28.8%。50代以上の8.0%と比べ3倍以上のスコア差があり、やはり若者世代のほうがオンライン飲みに積極的でした。しかしそのうち、オンラインよりやっぱりリアルな飲み会のほうがいいという回答が65.8%。オンラインコミュニケーションを苦にしない若者でさえ、3人に2人はリアル飲みを望んでいます。

PLAN-B(本社:東京都港区)が運営をするカジナビが行った忘年会調査では、忘年会会場として選ばれた第1位はやはり「飲食店」で62%。「オンライン飲み会」は家飲みに続き3位だったものの、そのスコアは8%にとどまっています。

今年、オンライン忘年会が一気にブレイクするのは、やや難しそうです。

なぜこんなにも忘年会をめぐってアツくなるのか

それにしても、われわれはこの年末の恒例行事に、なぜこんなにもアツくなるのでしょうか。改めて考えてみると、やや異常にさえ思えます。

日本においての忘年会の歴史は古く、その起源は室町時代にさかのぼるといわれます。江戸時代に1年のうさを晴らす「歳忘れ」の行事として広まりました。大きく時は流れ、戦後。高度経済成長期に普及した日本型雇用慣行の中、この忘年会は職場に欠かせないイベントとして定着していったのです。

かつては、家族主義的な関係性の中で、社員は身内同様の存在として、団結心、チームワークを担保していました。そうした関係性を維持するために「飲みニケーション」が発達し、その代表格が職場忘年会だったのです。

次ページ法令違反しても開催
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT