医療用ゴム手袋「調達危機」が深刻さを増すワケ

最大の生産地で工場労働者のコロナ感染拡大

医療ゴム手袋の世界トップシェアを占めるマレーシア。その現場で相次ぎ外国人労働者の感染拡大が明るみに出てきている。写真は首都クアラルンプールに新型コロナウイルスの検査を受けにきた外国人労働者。現在、外国人労働者全員に検査が義務付けられている(筆者撮影)

日本の医療現場でも価格高騰などによる深刻な不足が問題になりつつある、医療用ゴム手袋。前回(日本も巻き込まれる「医療用ゴム手袋」調達危機、2020年12月15日配信)、世界のゴム手袋シェアの実に65%ほどを占めるマレーシアにおいて世界最大手のゴム手袋メーカー、トップ・グローブで発生した大規模クラスターについて報じた。しかし今、その感染拡大の深刻さが急速に増す事態となっている。

医療用ゴム手袋 業界大手4社のうち3社で感染拡大

わずかこの数日間で、ゴム手袋業界の「Big4」とも呼ばれる企業4社のうち、3社で感染が相次いで報告されているのだ。業界1位のトップ・グローブの大規模クラスターはすでに報じた通りだが、2位のハルタレガ・ホールディングス、そしてコッサン ・ラバー・インダストリーズでも、相次いで外国人労働者らの感染拡大が報告された。

世界に医療ゴム手袋を供給し続ける舞台となっているマレーシアで、業界のトップを占める企業において感染が次々に発覚したこととなり、緊迫感は一気に増してきている。

業界2位のハルタレガ・ホールディングスは、社内で働くすべての外国人労働者に対する検査が完了したと発表。8772人のうち、35人の労働者の陽性が確認されたとした。これにより、生産ラインの一部が一時的に停止された。感染者の人数は外国人労働者のうちの0.4%と、一見その影響はそれほど大きくないように見えるものの、危機感が抱かれているのには、実は理由がある。

マレーシアではこの数カ月で、外国人労働者が暮らす寮などにおける外国人の感染が次々に報告されてきた。このような事態を受けて、マレーシア人的資源省労働局は最近になって寮や工場への査察を強化。マレーシア大手紙スターによると、これらの査察により、特に製造業や建設業の寮の多くで「衛生レベルが基準を満たしていない」と指摘されたのだが、その際にマレーシア人的資源省労働局は、十分な空間で衛生面も保たれた良好な住環境を提供している「模範企業」として大手企業3社の名を挙げた。

次ページ業界のお手本と示された企業で感染拡大
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT