名探偵が関係者を「全員集合」させたがるワケ

事件の解決は論理的に魅せることが大切だ

名探偵はさまざまな方法で犯人を当てにいきます(写真: Alexei Novikov/ PIXTA)
ミステリの名探偵たちは、さまざまな手法で犯人を見事に当て、読者の心をひきつけています。長年、新人賞の下読みを担当し、伊坂幸太郎氏、道尾秀介氏、米澤穂信氏らと伴走してきた新潮社の編集者、新井久幸氏が上梓した『書きたい人のためのミステリ入門』を一部抜粋・再構成し、ミステリにおける犯人探しの裏側を解説します。

あまり意識されないことだが、いちばん大切なのは、「誰がどんなふうに解決するか」ではないかと思っている。これは、「警察」なのか「探偵」なのか、という話ではない。それは、物語の必要に応じて変えればいいことだ。もっと言えば、ひとりよがりにならない程度に、好みで設定すればいい。解決編はミステリ最大の山場でありクライマックスだから、自分が最ものれる設定にするのが一番だ。

中には、まったく捜査をしない探偵もいて、俗に「安楽椅子探偵(アームチェア・ディテクティブ)」と呼ばれる。

「ABCショップ」という喫茶店の隅に座る老人が、その店の常連の新聞記者に、世間を騒がせる事件についての推理を話して聞かせる、バロネス・オルツィの『隅の老人の事件簿』がその先駆と言われる。

あるいは、入院などで動けず、ベッドの上で事件の概要を聞いて推理するのを「ベッド・ディテクティブ」と言ったりもする。

15世紀に実在したイングランド王・リチャード3世の「冤罪」を、史料だけから推理するジョセフィン・テイの『時の娘』、「源義経=ジンギスカン」説を入院中の名探偵・神津恭介が検証する『成吉思汗(ジンギスカン)の秘密』(高木彬光)、「大化改新の立役者・天智天皇は、弟天武天皇によって暗殺された」という仮説を追う『隠された帝─天智天皇暗殺事件』(井沢元彦)など、なぜか歴史推理と相性がいい。

話を聞くだけで推理するパターン

推理する場所にかかわらず、「話を聞くだけで、そこから推理を組み立てて真相を解明する」タイプの作品を、広く「安楽椅子探偵」ものと呼ぶ。

このタイプで最も有名なものの1つは、ハリイ・ケメルマンの「九マイルは遠すぎる」(『九マイルは遠すぎる』所収)だろう。これは、「九マイルもの道を歩くのは容易じゃない、ましてや雨の中となるとなおさらだ」(永井淳訳)というたった一言から推理を広げ、ある結論を導き出すというもの。

それも、「ここから9マイル離れているなら、○○という街だろう」とか、「雨が辛いんだから、荷物が多いのだろう」とか、そんな程度ではなく、もっととんでもない出来事の真実に触れてしまう。丁寧に推論を重ねることで、どれだけの到達が可能なのか、この作品は1つの頂(いただき)を示している。

次ページオーソドックスな解決法「全員集合させる」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT