名探偵が関係者を「全員集合」させたがるワケ

事件の解決は論理的に魅せることが大切だ

ただし、登場人物全員のタイムテーブルを出して、細かく人の出入りを説明し始めたりすると、読んでいるほうは段々面倒になってきてしまうから、程度には注意が必要だ。主要な容疑者数人のアリバイに絞るとか、そこに固執する真犯人のアリバイを崩すとか、簡潔に見せる方がいい。

アリバイ物の古典的名作と言えば、『黒いトランク』(鮎川哲也)で、焦点は「黒いトランク」の動きというシンプルな謎ながら、そこには鉄壁のアリバイが立ちはだかり、何とかその壁を崩そうというもの。

一貫してアリバイ崩しで話は進むのだが、新たな証拠や人間関係が判明するたび、推理は二転三転し、飽きることがない。複雑怪奇なアリバイトリックかと思いきや、最後は盲点を突いた非常にシンプルなところに帰着する。実際の時刻表を載せるなど、今日まで続くトラベルミステリの源流とも言える。

アリバイのあれこれを詳しく知りたいならば、『マジックミラー』(有栖川有栖)をお勧めする。作品そのものも、アリバイ崩しと、ある物の動きを追う現代版『黒いトランク』とでも言うべきなのに加え、作中に「アリバイ講義」があり、種々のアリバイが分類整理、解説されているのだ。具体的な作品名はそこでは書かれていないから──文庫版のあとがきでは、知りたい人には分かるようになっている──、ネタバレの心配はない。

ここまではいわば、外堀から埋めていく方法。徐々に容疑者を減らしていき、最終的に1人に絞り込む。最もオーソドックスな王道である。

犯人だけが知っている場合も

それとは逆のアプローチとして、一足飛びに犯人に到達する手法もある。「犯人しか知り得ない事実」を用いる場合だ。

例えば、報道では死体のあった場所について一切触れられておらず、しかも特殊な状況なのに──廃屋内の水を張った浴槽で、タキシードを着たまま死んでいた、など──それを知っていたとしたら、間違いなくその人物が犯人だ。実際の犯罪捜査でも、タレコミや自供の真偽を確認するため、報道に載せない情報を敢えて残しておくケースもあると聞く。

この「犯人しか知り得ない事実」を限定要素として使った作品は多い。限定のためのキーが何であるかが腕の見せ所なのだが、綺麗に決まれば問答無用に一点を指すため、大きなカタルシスと爽快感を与えることができる。

次ページ逆に犯人だけが知らないパターンもある
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT