名探偵が関係者を「全員集合」させたがるワケ

事件の解決は論理的に魅せることが大切だ

真実は1つだから、一発で真相に到ろうと、さまざまな可能性を排除しながら真相に迫ろうと、事件を解決するという点では何の違いもない。だが、読者が受ける印象は圧倒的に違う。そして実は、10の可能性を挙げたからといって、あり得べきすべての可能性を検討したことにはならないのだ。本当は100ある可能性のうち、たったの10を考察しただけかもしれない。それでも、10から1に絞った方を、人は論理的で緻密だと感じる。

解決において、段階的にダミーの解決を示し、それらを排除していくのは、論理性を際立たせたいと思うなら、とても有効な手続きだ。

すべては伏線にかかっている

『書きたい人のためのミステリ入門』(新潮新書)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

これらの解決が際立つかどうかは、すべて伏線の手際にかかっている。推理の過程で出された手掛かりに関して、「そんなのあったっけ?」と思うか、「そういえば、そんな場面があった」と思うかで、納得度は大きく変わる。

読者はすべての伏線を覚えているわけではない。解決編で心がけるべきは、伏線を「思い出してもらう」ことだ。覚えてはいなくとも、その場面が何らかの形で印象に残っていれば、思い出すことはできるかもしれない。

場面として印象に残るようにと言ったのは、もちろん覚えていてもらうためだが、「思い出してもらう」ためでもある。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT