人の幸せは「年収2倍」でもさほど変わらない訳

お金を稼いでも幸せな人とそうでない人がいる

年収が上がっても幸せとは限らないようです(写真:Benzoix / PIXTA)
現代社会はかつてに比べて「何が幸せなのか」、基準が曖昧になってきています。それは収入に対する価値観についても同様のようです。作家・講演家・起業家プロデューサーとさまざまな肩書を持つ星渉氏と、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授の前野隆司氏の共著『99.9%は幸せの素人』を一部抜粋・転載し、幸福度を高めるためのコツを紹介します。

ノーベル経済学賞を受賞したアメリカのプリンストン大学のダニエル・カーネマン名誉教授は「年収7万5000ドル(日本円にして約800万円)までは、 収入が増えれば増えるほど幸福度は比例して大きくなる」ことを科学的に明らかにしました。ところが、実はこの話には続きがありました。カーネマン教授の結論は、「年収800万円付近を境に、それ以上収入が増えても幸福度はほぼ変わらない」だったのです。

そう、人の幸せに関しては、お金にも限界があったわけです。とはいえ、年収800万円までは収入が増えれば増えるほど幸せになるのですから、まずはそこまでお金を稼げるように工夫すべきです。

ただし……。お金を稼いでも、「幸せになる人」と「幸せにならない人」がいます。「もっとお給料、上がらないかなぁ〜。年収を今の2倍にしたい」 誰しもが思ったことがあるはず。 では、それが現実になったらあなたの幸福度は、どれくらい増えると思いますか?

A:2倍以上
  
B:1・5倍
  
C:1・3倍
  
D:変化なし

まあ、それなりに幸福度は上がると思いますよね? だって〝(年収)2倍〞ですから。私も想像しただけでウハウハです。 しかし、カナダのブリティッシュコロンビア大学のエリザベス・ダン准教授とアメリカのハーバードビジネススクールのマイケル・ノートン教授の共同研究でわかったのは、 次の事実。

年収が上がっても幸せとは限らない

「年収が2倍になっても、私たちの幸福度はたった9%しか上昇しない」えっ?……たった9%?……驚きですよね。 ただ、次のように考えると納得できる部分もあります。

〝年収を2倍〞にするためには、どれだけの努力が必要で、どれだけの時間と労力がかかるでしょう? 睡眠時間を削り、仕事に打ち込む時間を増やす必要があるかもしれません。

家族との時間を犠牲にする必要があるかもしれません。休日も毎日出勤して、残業も増えるかもしれません。 多大な努力と労力、そして犠牲のうえで得ることができた2倍の年収……。

何かを犠牲にして得た2倍の年収では、幸福度もさほど上がらないというのは、納得できる話です。

これが、例えば「独身で今の仕事にやりがいを感じていて、持てる時間のすべて仕事に費やしても失うものはない!」という人だったら、問題ないでしょう。起業したばかりの頃の私が、まさにそんな状況。知り合いも頼れる人もいない東京で、1人無収入の生活。仕事以外にやることはありませんでしたから。

次ページ幸福度は人それぞれ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT