「お金より時間」優先の転職・就活が幸せを導く

給料中心で仕事を決めても幸せにはなれない

「お金より時間が大事」健康で幸福な生活を送るために大切なこととは(写真:ふじよ/PIXTA)
ハーバード・ビジネススクールのアシスタントプロフェッサーにして、心理学者のアシュリー・ウィランズが書いた『TIME SMART(タイム・スマート)』。効率性一辺倒ではない、異色の時間術の本だ。「お金より時間が大事」「生産性向上はタイム・リッチ(時間的に裕福な状態)から」「まず、健康で幸福な生活を送る、その後、生産性・創造性が上がる」と説く。もちろん、心理学者だから、科学的な調査、統計データでその主張を裏づける。一部を抜粋・編集してお届けする。

ストレスフルな今の会社にとどまるか? 転職か?

私たちは就職した途端、自分の時間に制約を加え始める。最初のうちは特にそうなのだけれど、仕事を決めると、自分をタイム・プア(時間的に貧乏)にするのが確実な一連の行動をとる羽目になる。仕事の決定は、一生にわたってどんな道を歩むか、どれだけタイム・リッチ(時間的に裕福)になれるかを決めかねない。

『TIME SMART(タイム・スマート)』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

筆者が取材したテッドのことを話そう。フルタイムで働いたことのある人ならほとんど誰もが一度は直面するような、人生の重大な決定を迫られていた。すなわち、キャリアを変えるべきかどうかという決定だ。
テッドは大学を卒業して以来5年間、小売業の経営部門で働いてきた。妻と4歳になる娘がいて、住宅ローンを抱え、他にも多くの出費があった。だから、収入が減ると困る。

その一方で、今の仕事は「アリ地獄のよう」に感じていた。「抜け出そうとすればするほど、深みにはまってしまう」のだという。仕事があるのはありがたかったけれど、売り上げを伸ばすための絶え間ないストレスとプレッシャーで頭がおかしくなりそうに感じてもいた。

次ページこのまま出世コースを進む?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT