「あげる」という人生初のビッグな娯楽に目覚める

相手も私もモノも「八方よし」の幸せな関係

今週は別のご近所さんから「のっぺい煮」をいただく。もちろんすぐにお燗をつけて……(写真:筆者提供)
疫病、災害、老後……。これほど便利で豊かな時代なのに、なぜだか未来は不安でいっぱい。そんな中、50歳で早期退職し、コロナ禍で講演収入がほぼゼロとなっても、楽しく我慢なしの「買わない生活」をしているという稲垣えみ子氏。不安の時代の最強のライフスタイルを実践する筆者の徒然日記、連載第29回をお届けします。

「もらう」ことを考えたことがなかった私

何かが欲しいと思った時、

①あるもので何とかする ②もらう ③買う

という三つの選択肢の中から選ぶ習慣がすっかり身についてしまったことを、前回ご報告させていただいた。

稲垣えみ子氏による連載29回目です。

そして、こうなってくると「買う」ところまで行き着かずに終わることが多い(というかほとんど)ということもご紹介した。一本の矢は簡単に折れる、しかし三本となるとなかなか折れない……というのはまさしく本当のことだったのだ。

かくして私は、単純計算では従来の3分の1のお金さえあれば従来と遜色ない生活ができてしまうという、それまで考えたこともなかった人生を歩み始めたのである。

で、この三本の中で、どう考えても一番ハードルが高いのが「もらう」なんじゃないだろうか?

いや、ハードルが高いというよりも、そもそも現代を生きるわれらは「もらう」なんて考えたこともない人がほとんどなんじゃないかと思う。

もちろん私もそうだった。

次ページ人様のオメグミで生きるなんて……
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT