東大卒落語家が「寝てない自慢芸人」を羨まない訳 人生で最も尊い「たこ焼きを食べる時間」の幸福

印刷
A
A
東京大学卒業の落語家、春風亭昇吉師匠が「幸せを感じる」時間の使い方とは(写真:photok/PIXTA)
ハーバード・ビジネススクールのアシスタントプロフェッサーにして、心理学者のアシュリー・ウィランズが書いた『TIME SMART(タイム・スマート)』。効率性一辺倒ではない、異色の時間術の本だ。「お金より時間が大事」「生産性向上はタイム・リッチ(時間的に裕福な状態)から」「まず、健康で幸福な生活を送る、その後、生産性・創造性が上がる」と説く。
東京大学卒業の落語家、しかも真打昇進披露の会は東大・安田講堂で行った異例ずくめの春風亭昇吉師匠が、「幸せを感じる」時間の使い方、人生の総ハピネスを高める生き方について語る。

学歴、年収…知らず知らずのラットレース

僕は、『タイム・スマート』を「ハッピーになるにはどうすればよいのか」という文脈で読みました。

『TIME SMART(タイム・スマート)』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

なかでも、時間の大切さについて書かれた部分は面白いですね。お金は換算しやすく可視化しやすいものですが、時間の大切さは、ややもすると把握すらできず、忘れやすいと指摘されています。

「時間の大切さ」とはよく言われますが、「タイム・イズ・マネー(時は金なり)」よりも、「タイム・イズ・モア・ザン・マネー(時間はお金よりも大切)」です。

ところが、現実社会では、あの人はどんな車に乗っていて、どこに住んでいて、年収や学歴がどうかなど、なんだかんだ人と比べているうちに、限られた人生の中で、自分は本当に何がしたいのか忘れてしまいます。そして、知らず知らずのうちにラットレースに巻き込まれていく。

次ページ売れて忙しければ、それでよいのか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT