日本人が知らない「腸を汚す」意外な4大NG習慣

「スマホ、食べ方…」意外な習慣が実は危ない

私たちは知らず知らずのうちに「腸を汚す」習慣を日々繰り返しているようです。その意外な習慣とは? (写真:GARAGE38/PIXTA)
世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活法」は30年近く欧州で愛され続け、その「腸活メソッド」を紹介する著作は、本国イタリアのみならず、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、トルコなど世界中で話題になっている。2017年には、Google.itの食事法(ダイエット)部門で「最も検索されたキーワード」ベスト3に選出されたほどだ。

そのアダムスキー氏の著書が、このたび初めて邦訳され、『腸がすべて』としてついに刊行された。アダムスキー博士によると、多くの体の不調の原因は「汚れた腸」にあるという。そして私たちは知らず知らずのうちに「腸を汚す」習慣を日々繰り返している。その意外な習慣とは?

忍び寄る「健康被害」、原因は「腸の汚れ」?

私は学生時代に「ショイエルマン病」という脊椎が硬化する病を患い、「運動療法」を学び始めました。その後、長期にわたるさまざまな研究を通じて「アダムスキー式腸活法」の基礎を構築するに至りました。

その基本となるのは、「体の機能不全のほとんどが『腸の流れ』によって決まる」という考え方です。

『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

腸が「正しく」流れているときは、健康な生活を送ることができますが、腸の流れが「滞る」と、体のバランスが崩れてしまい、さまざまな体の不調へとつながってしまいます

腸の流れが滞ってしまうのは、「間違った食生活」で消化管の壁に「有害な汚れ」がたまっていくことが主な原因です。

すると、体に必要な栄養成分を取り込めなくなるだけでなく、免疫力までも低下させてしまい、重大な健康被害を引き起こす可能性もあるのです。

恐ろしいことに、何気ない普段の生活のなかで、知らないうちに「腸を汚してしまう」ことも少なくありません。

では、どのような習慣が「腸を汚して」しまっているのでしょうか。ここでは、「腸を汚してしまう意外な悪習慣」のうち、主な4つを紹介します。

次ページ食事中も「スマホ」見てませんか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT