ナッツ「最高の食べ方」、今話題の腸活法の3大秘訣 美容と健康の味方!「腸に効く食べ方」は?

印刷
A
A
美容と健康の味方「ナッツ」の、「腸に効く食べ方」について解説します(写真:Engdao/PIXTA)
この記事の画像を見る(5枚)
世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活メソッド」は、Google.itの食事法(ダイエット)部門(2017年)で「最も検索されたキーワードのベスト3」に選出されるほど、本国イタリアのみならず、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、トルコなど、世界中で話題になっている。
日テレ系列「世界一受けたい授業」(2021年5月22日放映)でも紹介され、「アダムスキー式腸活メソッド」をすべて解説した『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』は、日本でも9万部を超えるベストセラーになっており、大きな反響を呼んでいる。
訳者の森敦子氏が本書の翻訳を通して感じたのは、「食べ物は『何を食べるか』ではなく、『何と組み合わせて食べるか』が大事」ということ。
では、アダムスキー氏の提唱する「最高の腸を手に入れるための組み合わせ」はどうやって食卓に取り入れればいいのだろうか? 今回は、本書の翻訳を手掛けた森氏が「ナッツの腸に効く食べ方」について解説する。

美容と健康の味方「ナッツ」おすすめの食べ方は?

おやつに、おつまみに、もしくはいつもの料理のアクセントにと、私たちの食生活で大活躍してくれる「ナッツ」。いまでは、美容と健康を支えてくれる「スーパーフード」としても知られるようになりました。

『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

じつは、このナッツには、「腸を刺激する効果」があるといわれているのをご存じでしょうか。ナッツに含まれる「食物繊維」「脂質」には、腸に刺激を与え、「ぜん動運動」を活発にしてくれる効果があり、便秘の解消に役立つともいわれています。

また、ナッツに含まれる食物繊維は、腸の中で「善玉菌」のエサとなるため、善玉菌を増やして悪玉菌の増殖を抑えるという「整腸効果」も期待できるのだそうです。

今ヨーロッパを中心に世界中で話題の「アダムスキー式腸活法」でも、ナッツは「腸活スーパーフード」の1つとして注目されています。

今回は、そのアダムスキー式腸活メソッドにのっとった「腸活効果を高めるナッツの食べ方3つ」を紹介したいと思います。

次ページ「おすすめのナッツ」は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT