東大卒なのに「生きづらい人」が陥る3つの失敗

学歴を気にした時点で「人生ハードモード」だ

「東大卒なのに生きづらさを抱える人」の特徴とは?(写真:jaimax/Getty Images)
東大卒なのに人生に不満や生きづらさを抱えてしまう人の「3つの特徴」とは? 『東大なんか入らなきゃよかった 誰も教えてくれなかった不都合な話』で数多くの東大出身者を取材し、自身も同大学出身者である池田渓氏が解説する。

東大内格差に打ちのめされた地方の貧困家庭出身者、営業職で疲弊し心を病んだ法学部卒の銀行マン、自らを「奴隷」と称し月200時間の残業を続けるキャリア官僚、東大卒の肩書をリセットして医学部を再受験した市役所職員、袋小路に入り込んでしまった博士課程の院生、逆学歴詐称をして警備員になった元駒場寮生の漫画家etc.……。

拙著では、上記のような東京大学卒業生へのインタビューを通して、せっかく日本では最上級の学びと研究の環境を与えられながら、それを後の人生に生かすことができなかったことを後悔している人々の姿を書いた。

それ以来、多くの方から「彼らはどうすべきだったのか?」、あるいは「こうすればよかったではないか」という質問や感想をいただいている。

そこで本記事では「東大を出た彼らは、どうすれば幸せを感じながら生きられたのか」ということについて、卒業生への取材を重ねる中で見えてきた生きやすくなるために「やってはいけないこと」を改めて書いておきたい。これは東大の卒業生にかぎらず、いわゆる高学歴とされ、その学歴をアイデンティティーの一部としている人々一般にも通じる話でもあるだろう。

「学歴に執着する人」ほど要注意

やってはいけない1:「東大卒」の学歴に執着する

東大に入るために犠牲にしたものが大きい人ほど、その見返りを求めるものだ。払った犠牲に対して十分な見返りが得られていないと思ったとき、すなわち、東大に入ったことが自らの幸福に結びついていないと思うとき、唯一の成果物である「東大卒」という学歴への執着はより強くなる。

しかし、たかが東大に入るために大きな犠牲を払わなければならなかった人というのは、およそ凡人なのだ。凡人が東大という環境で学べたことなど知れている。東大でたいして学んでもいないのに、社会に出た後も東大卒という学歴にとらわれ続けることは無駄でしかない。そのプライドは精神的なかせとなり、自らの可能性をジワジワと殺していくだろう。

次ページ東大卒でも「活躍できない環境」がある
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT