構図とアングルで「好印象」を伝える簡単なコツ ノートPCの位置を変えるだけで結果が変わる!

印刷
A
A

いま紹介した、印象をよくする構図とアングルのコツを、すでに知っている人も多いと思います。でも、知っている人は多くても、実践している人は少ないと思います。

構図とアングルのコツは、簡単にできて効果がすぐに実感できるので、試さないのはもったいない。ぜひ、ノートPCの位置や高さを変えて、自分がどう映るかを確かめてみてください。画像をキャプチャーして、見比べてみると、その差がよりはっきりします。

相手軸の「自己演出」を

最近出版した『開始3秒で差がつくWeb会議のコツ』の解説動画を撮影したとき、モデルさんが、「いままで意識したことはなかったけど、見比べてみると、印象がぜんぜん違いますね」と驚いていました(以下の動画を見てください)。

(外部配信先では動画を閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

顔と体の比率を1対1にすると相手に安心感を与えます(『開始3秒で差がつくWeb会議のコツ』解説動画)

カメラマン、ヘアメイクさん、アナウンサーなど、私が信頼している映像現場のプロにWeb会議で印象をよくするためのアドバイスを求めると、共通した答えが返ってきました。

「自分をどう見せるかについて、アンテナを張って意欲的になってほしい」

重要なことは、あなたが日々行っているWeb会議から情報を得ようという意識です。例えば、10人でWeb会議を行っているときに、「あっ、この人感じがいいな」と思う人がいたらマネしてみる。「この人のアングルは感じが悪い」と思ったらNGリストに加える。そして実際に試して、好評なら次からも使い、不評ならやめるなり軌道修正すればいいのです。

大事なことは、SNSのような「自分らしく」とか「見られたい自分」という自分軸の自己表現ではなく、「どう見られるのか」という相手軸の自己演出です。リアルな会議とまったく一緒です。相手あっての会議、相手あってのセミナー、相手あっての面接なのです。

Web会議は手段でしかありません。その特性を活かしたコツをつかめば、誰だって成果をあげることができます。しかも、いまはまだそのコツをつかんでいる人が少ないです。人気ユーチューバーにしても、フォロワーの多いインスタグラマーにしても、草創期にコツをつかんだ人がいま活躍しているのです。Web会議は、いまがまさに行動するチャンスです。

次回は、印象をよりアップさせるライティングのコツを紹介します。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT