「寺門ジモン監督」が語る食と人生と焼肉の哲学

「フード・ラック!食運」実現した人間力と探究心

芸能界屈指の食通で焼肉の達人である寺門ジモンが、その知見や探究力をすべて注いだ映画『フード・ラック! 食運』を企画、自ら映画監督を務める (撮影:今井康一)
ダチョウ倶楽部の寺門ジモンが映画監督デビューを果たした映画『フード・ラック! 食運』が11月20日より劇場公開されている。
焼肉を通じて母と息子のきずなを描き出した感動作だ。ジューシーな肉音や、匂いまでが伝わってくるかのような映像、人生をかけて肉と向き合う職人の技、最高においしい焼肉とは何なのかという探究心など、芸能界でも屈指の食通として知られる寺門ジモンならではのこだわりが全編に詰まっている。
そんな監督の本気度に応え、ダブル主演を務めるのは実生活でも肉好きを公言する、EXILE NAOTOと土屋太鳳。その他、りょう、石黒賢、寺脇康文、東ちづる、大泉洋、大和田伸也、竜雷太ら実力派俳優が映画を彩っている。
そこで今回は寺門ジモン監督に本作が生まれた経緯、多方面に活躍する彼の原動力となっている探究心などについて聞いた。

映画の世界にあこがれていた

――本作が映画監督デビューということですが、映画はお好きだったんですか。

僕はお笑い芸人をやる前は俳優養成所にいて演劇をやっていたんです。映画もすごく好きで映画の世界に憧れていたんです。でも劇団では芽が出なかった。当時はシティボーイズさんとか俳優出身の人たちがお笑い界に進出していた時代だったので、コント赤信号さんの劇団に入り、そこからお笑いで頑張っていきました。そこそこ売れてきて、ドラマや映画にもちょっとだけ出られるようになりましたが、だんだん“食べる”ほうの仕事も増えてきたんです。

この連載の過去記事はこちら

――ジモンさんといえば食ですからね。

食は昔から趣味だったんで、仕事が増えてからも食を追求していたんです。そんなあるとき、松竹の偉い方が僕の本を買って、「ジモンさんのオススメしているお店は全部、どこに行っても『また行こう』と思える常連になりたいなと思うような店ばかりだ」と言っていただいた。それで「一度会いたい」ということで、お会いすることになったんですが、そこで「映画を撮りませんか」という話になったんです。

次ページ当初はドキュメンタリーのオファー
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT