高校生が「制服を着崩さなくなった」本当の理由

大学入試制度改革が優等生目指す志向を導いた

学校や親に反抗する生徒が少なくなっている背景にあるのは?(イラスト:shrimpgraphic/PIXTA)
学校制服の役割に変化が見える。個性と管理で揺れ動く学校教育の進化や多様化とも言える。社会が大きく変わろうとする今、制服はどうあるべきか。「今時の高校生が『制服での管理』に抵抗が薄い訳」(2020年10月20日配信)、「女子高生の「かわいい制服」が管理を駆逐した訳」(同10月27日配信)に続いて、教育ジャーナリストの小林哲夫氏の新刊『学校制服とは何か その歴史と思想』より一部を抜粋し、お届けする。

2010年代から着こなしに変化が

制服はかわいく、かっこよくなったことで、学校で管理教育は見られなくなったかといえばそんなことはない。制服モデルチェンジしてからは、それを厳しく守らせるようにする。

「うちの生徒は制服が好きでこの学校を選んだ」と受け止める学校のなかには、かわいい制服なのだからそれに従いなさいと言わんとばかりに、変形させたら口うるさく指導する、スカート丈は毎日しっかり点検する、少し前ならば腰パンに近いかっこうをすれば着替えさせる、など厳しく管理するところは少なくなかった。学校から腰パン、ミニスカートを追放するためである。

「服装の乱れは心の乱れ」神話は、学校にとってはまだまだ有効に作用した。制服メーカーには変形できない、スカートを短くできない素材、デザインを求める声はずいぶん届いている。だいたい1990年代から2000年代のことである。

ところが、2010年代に入ってから、制服の着こなしに少しずつ変化が見えてきた。

街で腰パンや極端なミニスカートなど、制服を着崩している不良、非行少年少女の姿がめっきり減ったのである。新宿、渋谷、池袋を闊歩するタータンチェックのミニスカート姿に遭遇することが珍しくなった。

たしかに街で着崩しを見なくなった。みんな制服をまじめに着ている。

このことから不良、非行少年少女が少なくなったとは決めつけられないが、多くの高校生に話を聞いてみると、制服変形が減少した理由を次のように整理することができる。

1. 学校や親に反抗する生徒が少なくなった。素直で良い子が増えた。校則は守らなければならないという遵法意識が高い。保護者の子育てが行きとどくようになった。
2. 着崩しすることが流行の最先端とは思わなくなった。制服はこのままでも十分にかわいい、とみる。
3. 経済的に余裕がなくなった。着崩しのための制服変形にかける金がない。勉強、部活動、アルバイトに忙しく、繁華街を着崩した制服姿でうろうろすることはなくなった。
4. 学校推薦型選抜入試(推薦入試)、総合型選抜(AO入試)対策として着崩しはせず、まじめなかっこうで学校に通う。
次ページAO、推薦入試の増加で制服を着崩さなくなった
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT