「10分でポテサラ完成」料理研究家が明かす秘技

たった“2つの工夫"で料理が今より楽になる

ツイッターフォロワー25万人、人気料理研究家が明かす「10分でポテサラを作る」方法とは?(写真:midori_chan/PIXTA)
夫婦共働きが当たり前になったいま、「料理は女性がするもの」という考えは見直されつつある。だが、依然として料理をしない派の男性は多い。本稿では、ツイッターフォロワー25万人、最新刊『ジョーさん。の神速うまレシピ』を発売したばかりの料理研究家のジョーさん。が、日本人が料理に抱く偏見とアップデートの必要性について解説。併せて、最終ページでは「10分でポテサラを作る秘技」をお届けする。

今年7月、スーパーの惣菜コーナーでポテトサラダを手にしていた女性に対し、高齢男性が「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」と言い放ったとされる目撃ツイートが物議を醸しました。あまりの盛り上がりに、テレビのワイドショーでも取り上げられたほどです。

「ポテサラ論争」に抱いた違和感

この「ポテサラ論争」に関して、私は無言を貫きました。炎上を恐れたからではありません。「主婦の気持ちを考えろ!」と怒るのは簡単です。「料理は手抜きしていいんだよ」と主婦をフォローするのも、料理研究家の役割として間違ってはいません。けれど、それだと何の解決にもならないと思ったからです。

この件で私が言えることは、「料理、やってみれば?」という一言に尽きます。奥さんが手抜きしてると思うなら、文句を言う前に一度台所に立ってみればいい。実際に料理をしてみて「意外に楽しい!」と思うなら続ければいいし、「やっぱり無理!」と感じたら、二度と奥さんに文句を口にしなくなるはずです。やったこともないのに、「料理はこうあるべきだ」と御託を並べるのはフェアではありません。

こうした騒動が起きた背景には、日本人の料理に関する考え方が古いことに原因があるように思います。事の発端となった「ポテサラ」は料理工程が面倒だと思われがちですが、じつは10分もあれば完成します。ジャガイモを電子レンジで加熱して、マヨネーズを混ぜ合わせるだけ(詳しいレシピは、記事の最後でご紹介します)。キュウリやハムを入れるとハードルが上がってしまいますが、代わりに唐辛子やカレー粉をかけるだけでも十分おいしく食べられます。

料理をまったくしない人は、「じゃがいもは茹でなくてはいけない」「にんじんは扇形に切る」といった固定観念に縛られている可能性があります。でもレンジを使ったり、材料の一部を惣菜で代用するのだって、立派な料理です。まずは、その凝り固まった“料理の常識”から一度開放されることをおすすめします。

そもそも、日本人は料理に力を入れすぎです。

次ページ500年前は日本でも「男性が料理」していた
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT